「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

誰もが知っている元賞金女王・不動裕理選手の功績とは!

2016 12/21 19:03
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.lpga.or.jp/

かつて賞金女王を獲得したこともある不動裕理選手。 彼女はどのような道を進んで賞金女王になり、今はどのような状況なのだろうか? ゴルフ界のレジェンド的存在である不動裕理選手について紹介したいと思う。

熊本県出身

不動裕理選手は、1976年の10月14日に熊本県熊本市で生まれた。幼少期よりゴルフを始めていたのではなく、初めてゴルフに触れたのは11歳の時だった。
当時は特に優れた才能を持ち合わせた選手ではなかったが、持ち前の真面目さによって着実に実力をつけていった。
学生時代は、現在のルーテル学院の前身である九州女学院中学校、高等学校に籍を置いていた。高校を卒業した後、20歳となった1996年にプロテストに合格してプロゴルファーとなった。

新人戦での初優勝とツアー初優勝まで

1996年のプロテストに合格して、その年の12月に開催されたLPGA新人戦においてプロデビュー後初となる勝利を飾る。多くのゴルフファンは、不動選手はすぐに日本女子ツアーで優勝するだろうと期待していたが、そこからなかなか芽が出ずに苦しめられる。
そして、デビューから76戦目となった1999年の伊藤園レディースにおいて初めて優勝を果たしたのだ。最終日には同じ組だった高又順選手から「最後はしっかりとパーパットで締めなさいね」と激励されていたが、パーパットを外してしまう。もちろん優勝には変わりないが、勝利して最初の一言が高選手への「すみません!」だったというのが、不動選手の人柄がよくわかるエピソードだ。

おすすめの記事