「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ゴルフ界のドン、杉原輝雄さんの偉大なる功績まとめ

2016 12/21 19:03
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://www.pga.or.jp/

プロゴルフ界において50年以上も活躍した杉原輝雄さん。素晴らしい功績や、プロゴルフ生活50年について紹介する。

50年以上にわたって現役を続けた「ゴルフ界のドン」

1937年、農家を営む両親の3人兄弟の末っ子として誕生した杉原輝雄さん。まだ小学5年生の時、自宅の近所にあるゴルフ場「茨木CC」でキャディーを始めたのがゴルフとの出会いだった。
中学校卒業後は定時制高校に通い、研修生へとステップアップ、そして1957年、20歳の時にプロへ転向した。
その後、1962年に開催された日本オープンで初優勝。現役を続けた2008年までのプロ人生において通算63勝(うち海外1勝、シニアツアー8勝)を記録している。

過去7人しか獲得していない永久シード権を獲得

1989年、プロゴルフツアーの公認試合に出場する権利が半永久的に保障される「永久シード権」を獲得。
通常、プロゴルフツアーの公認試合には、ツアーの主催団体が規定するルールに該当する一定のプレイヤーでなければ出場権を得ることはできない。しかし、杉原輝雄さんのように一定の基準を満たしたプレイヤーには、出場意欲がある限り出場権が与えられるのだ。
永久シード権は、ほかに青木功選手、尾崎将司選手、中嶋常幸選手、倉本昌弘選手、尾崎直道選手、片山晋呉選手しか与えられていない。

おすすめの記事