「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

これはすごい、日本ゴルフ界最多勝利、尾崎将司選手の実績と功績

2016 12/21 19:03
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.golf-station.net/

ジャンボ尾崎の愛称で勝利を積み重ね、日本のゴルフ界をリードした尾崎将司選手を知らない方はいないと思う。 ここでは尾崎将司選手について、ゴルフを始めたいきさつや、すごすぎる実績など紹介したい。

甲子園の優勝投手から西鉄ライオンズに入団

尾崎将司(本名・尾崎正司)選手は、1947年に徳島県で生まれた。小さい頃から運動神経抜群で、当時の子供なら当然だった野球の道に進む。1964年、徳島海南高校のエースとして春の甲子園に出場、順調に勝ち進み全国制覇を成し遂げた。
一躍脚光を浴びた尾崎選手は、翌1964年にプロ野球の西鉄ライオンズ(埼玉西武ライオンズの前身)に入団し、将来を嘱望される。しかし、成績は振るわなかった。打者としての可能性も探ったが、結局1967年には西鉄に退団の意思を伝える。入団から3年目の決断だった。

ゴルフに転身、そして初優勝

プロ野球を退団した尾崎選手は、ゴルフの道に舵を切る。1970年にはプロテストに一発で合格、プロゴルファーとしての一歩を踏み出した。初優勝は翌年1971年9月に行われた日本プロゴルフ選手権だ。
宮崎県のフェニックスCCで行われた第39回日本プロゴルフ選手権は、7105ヤード・パー72と、当時としては長い距離に設定された。最終日第4ラウンドの10番ホール495ヤード・パー5で、第2打を4番アイアンでオンして見事イーグルを奪い、優勝を手繰り寄せる。尾崎選手のパワーゴルフの幕開けとも言える初優勝だった。

おすすめの記事