「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

女子ゴルフ界における飛ばし屋、横峯さくら選手の功績

2016 12/21 19:03
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by CHEN WS / Shutterstock.com

女子プロゴルフの飛ばし屋、横峯さくら選手をご存じの方は多いと思う。 現在はアメリカのツアーでプレーしており、日本ではあまり見かけない。 横峯選手の生い立ちや試合での実績などを紹介する。

小学生の頃から全国大会で活躍

横峯さくら選手は、1985年に鹿児島県鹿屋市で3人姉妹の末っ子として生まれた。クラブを手にしたのは8歳の頃だ。後に女子プロゴルファーになる長姉・横峯瑠依選手やゴルフ好きの父親・横峯良郎さんの影響が大きかった。
小学生の頃には頭角を現し、小学4年生の時には全国小学生大会で優勝、中学2年生で日本ジュニア選手権で優勝と、活躍の場を全国規模に広げる。
高校は高知県のゴルフ名門校、明徳義塾高校に入学。2年生で日本ジュニアゴルフ選手権優勝、翌年は全国高校選手権春夏連覇と大活躍を見せる。

プロ1年目でシード権獲得

アマチュア時代の2004年4月にはプロのトーナメント、再春館レディス火の国オープンで、不動裕理選手、高又順選手とのプレーオフまで進むが、不動選手に破れる。2004年8月にプロテストを受験。これまでの実績から鳴り物入りで臨んだプロテストだったが、1位合格とはならず、上原彩子選手に次ぐ2位での合格だった。
1位にはトーナメント後半戦の出場が認められるが、2位には2試合のみだ。しかし、ステップアップ優勝などで出場試合を増やし、7試合に出場すると、2位タイ2試合、4位など好成績を残し、翌年のシード権を獲得する。獲得賞金額は1734万7584円で27位という堂々たる成績だった。

賞金総額1億円超えで一流プロの仲間入り

プロ2年目の2005年4月、熊本で行われたライフカードレディスで初優勝を果たすと、9月のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントでも優勝、この年は賞金ランキングでも4位につける。2006年は優勝回数3回で賞金ランキングは3位だった。
2007年は優勝回数3回、賞金ランキングは2位だったが、獲得額が初めて1億円を突破し、一流プロの仲間入りを果たした。
2008年は優勝回数は1回と減ったものの、獲得賞金は1億円をかろうじて突破、賞金ランキングでは3位につける。最終戦のリコーカップの成績次第では賞金女王も狙える位置にいたので、残念な結果だった。

激戦を制して賞金女王を獲得

賞金女王が期待された2009年になると、横峯選手は順調に勝利を重ねていく。4月に行われたスタジオアリス女子オープンでは全美貞選手とのプレーオフを制して今季1勝目を飾ると、11月までに5勝を挙げ、賞金ランキング2位で最終戦のリコーカップを迎える。
この時点で賞金ランキングトップは諸見里しのぶ選手で、その差は約500万円だった。この試合での2人の戦いは凄まじく、第3ラウンド終了時点で諸見里選手が-4の3位タイ、横峯選手は-3で5位タイだった。
結局、最終日を-3で回った横峯選手が-1の諸見里選手を抑えて逆転優勝を果たし、賞金女王に輝く。最終日最終ホールの諸見里選手のバーディパットが外れるまで、どうなるかわからないきわどい勝負だった。

日本女子プロゴルフ界に残した実績の数々

横峯選手は2015年からアメリカツアーに本格参戦したため、日本のトーナメントで見かける機会は少なくなったが、2004?2014年の11シーズンで、日本の女子プロゴルフトーナメントで数々の記録を残している。
通算勝利数は23勝だが、生涯獲得賞金額10億2568万2888円(2016年11月13日時点)は不動選手に次ぐ第2位だ。2013年には連続予選通過数を101試合まで伸ばす快挙を打ちたてた。
また、2010年、鹿児島のおとなり宮崎県で発生した口蹄疫被害に対して、サロンパスカップで獲得した賞金全額を寄付するなどの心遣いも見せている。

まとめ

女子プロゴルファー横峯さくら選手の生い立ちから、トーナメントでの記録、実績などを紹介した。 オーバースイングから打ち出されるドライバーショットは豪快だが、連続予選通過記録に見られるように、オールラウンドなプレーヤーだ。 今後もアメリカでの健闘を祈りたい。

関連記事

おすすめの記事