「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

女子ゴルフ界における飛ばし屋、横峯さくら選手の功績

2016 12/21 19:03
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by CHEN WS / Shutterstock.com

女子プロゴルフの飛ばし屋、横峯さくら選手をご存じの方は多いと思う。 現在はアメリカのツアーでプレーしており、日本ではあまり見かけない。 横峯選手の生い立ちや試合での実績などを紹介する。

小学生の頃から全国大会で活躍

横峯さくら選手は、1985年に鹿児島県鹿屋市で3人姉妹の末っ子として生まれた。クラブを手にしたのは8歳の頃だ。後に女子プロゴルファーになる長姉・横峯瑠依選手やゴルフ好きの父親・横峯良郎さんの影響が大きかった。
小学生の頃には頭角を現し、小学4年生の時には全国小学生大会で優勝、中学2年生で日本ジュニア選手権で優勝と、活躍の場を全国規模に広げる。
高校は高知県のゴルフ名門校、明徳義塾高校に入学。2年生で日本ジュニアゴルフ選手権優勝、翌年は全国高校選手権春夏連覇と大活躍を見せる。

プロ1年目でシード権獲得

アマチュア時代の2004年4月にはプロのトーナメント、再春館レディス火の国オープンで、不動裕理選手、高又順選手とのプレーオフまで進むが、不動選手に破れる。2004年8月にプロテストを受験。これまでの実績から鳴り物入りで臨んだプロテストだったが、1位合格とはならず、上原彩子選手に次ぐ2位での合格だった。
1位にはトーナメント後半戦の出場が認められるが、2位には2試合のみだ。しかし、ステップアップ優勝などで出場試合を増やし、7試合に出場すると、2位タイ2試合、4位など好成績を残し、翌年のシード権を獲得する。獲得賞金額は1734万7584円で27位という堂々たる成績だった。

おすすめの記事