「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

女子プロゴルフ人気の原点、宮里藍選手の実績と功績

2016 12/21 19:03
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mooinblack / Shutterstock.com

女子プロゴルファー宮里藍選手は、みなさんご存じだと思う。 宮里選手の生い立ちや実績、現状などを、かいつまんで紹介したい。

ゴルフ一家に生まれゴルフの道へ

宮里藍選手は1985年、沖縄県で3人兄妹の末っ子として生まれた。父親の宮里勇氏はゴルフのインストラクターをしており、4歳の頃よりクラブを握った。2人の兄、宮里聖志選手と宮里勇作選手もプロゴルファーとして活躍するゴルフ一家だ。
宮里藍選手は、小学生の頃よりゴルフ大会に出場して腕を磨く。初出場は小学校2年生の時の沖縄ジュニアゴルフだった。小学4年生でジャパンカップ世界ジュニアゴルフ選手権2位、小学5年生で沖縄ジュニアゴルフ大会優勝と、徐々に頭角を現す。
中学2年生で全国中学ゴルフ選手権に優勝すると、中学3年生では沖縄で行われているプロのトーナメント、ダイキンオーキッドレディスに初出場と活躍の場を広げた。

プロのトーナメントで優勝して高校生プロゴルファーに

2000年に中学3年生で初めて経験したプロのトーナメントでは1打及ばず予選落ちを喫したが、サントリーレディスオープンでは予選を通過、23位タイと成績を残した。当時、次兄の勇作選手は仙台市のゴルフ名門校・東北福祉大学で活躍中だった。藍選手も、中学を卒業すると仙台市にある東北高校に進学する。
高校進学後は全国高等学校ゴルフ選手権優勝などでアマチュアとして活躍するが、プロのトーナメントにも積極的に参戦して結果を残すようになる。
迎えた2003年9月、宮城県で行われたミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで優勝する。このニュースは日本中を駆け巡り、一躍時の人となった宮里藍選手は、9日後にプロ宣言を行い、高校生プロが誕生した。

おすすめの記事