「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

国民的スター石川遼選手のゴルフ界における功績

2016 12/21 19:03
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by photofriday / Shutterstock.com

ゴルフ界に突如登場した石川遼選手だが、見た目の爽やかさと、アグレッシブなプレースタイルで、瞬く間に国民的スターになった。 石川遼選手の生い立ちや実績などを紹介したいと思う。

日本代表にも選ばれたジュニア時代

石川遼選手は、1991年に埼玉県で生まれた。ゴルフとの出会いは6歳の時だった。と言っても、ゴルフばかりやっていたわけではない。小学校ではサッカークラブ、中学校では陸上部に所属していた。
ゴルフで注目されたのは2004年、小学校6年生の時だ。この年から開催が始まった全国小学校ゴルフ選手権横尾要カップで優勝する。
翌2005年は関東中学校ゴルフ選手権、全国中学校ゴルフ選手権大会優勝と着実に力をつけ、2007年にはチームジャパン・ジュニア代表としてナショナルチームにも選ばれた。

プロのトーナメントに高校生1年生で優勝

日本中のゴルフファンの目を釘付けにした事件は、石川選手が高校に進学してすぐの2007年5月に起こった。高校1年生になったばかりの少年が日本男子ツアーのマンシングウェアオープンKSBカップでまさかの優勝を果たしのだ。史上最年少の15歳と8ヶ月での快挙だった。
勝負を決めたのは最終ラウンド17番ショートホールのバンカーショットだった。4打差9位タイから出た最終ラウンドは、前半に3つスコアを伸ばし、10番、13番のバーディでトップに躍り出た。迎えた17番ショートホールのティーショットはバンカーへ。ピンまで30mもあるバンカーショットが残り、これまでかと思われたが、少し強めに打ち出されたボールはピンに当たりそのままカップインしてしまう。優勝を決めたバンカーショットだった。

おすすめの記事