「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

季節に合わせた、レディースゴルフウェアの選び方

2016 12/9 12:03
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by LuckyImages/ Shutterstock.com

女性ゴルファーのファッションに対するこだわりは男性ゴルファーとは少し違うようです。 女子プロのトーナメントを見ても、ファッショナブルなウェアが目を引きます。 ここでは、季節や天候を考慮した機能的でファッション性の高いレディスゴルフウェアをご紹介します。

ラウンド前に確認、レディース・ドレスコード

メンズと同じようにレディースにも各ゴルフ場が定めるドレスコードは存在します。 レディースの一般的なドレスコードは、上着は襟付きのものを着用します。タンクトップ、キャミソールなどノースリーブのものはすべて不可です。ジーンズや作業着がダメなのはメンズと同じです。加えて極端に短いスカートやホットパンツ、テニス用スカートも禁止です。
ベルトの着用は必須ですが、裾を入れるかどうかは服装のデザインによるようで、メンズよりは柔軟性があります。実際、裾を入れていない女子プロは多く見かけますね。ジャケットに関してはあまりうるさくありません。 いずれにしても、初めてのゴルフ場でプレーするときは確認してください。

春のゴルフファッション

いよいよゴルフシーズン到来で、気持ちもはやります。春らしく明るい色でまとめたいところですが、ポイントは気温の変化と風対策です。朝方寒いと思っていても、お昼を過ぎれば気温はどんどん上昇します。コース狭しと走り回る初心者の方は、特に暑く感じますよね。
そんなことも考えて、カーディガンや薄手のウインドブレーカーを用意するといいでしょう。朝の寒さも防げて、暑くなったらすぐ脱げるところが便利ですね。ウインドブレーカーなら春一番の強い風にも対応できます。春らしくスリクソンの半袖ウインドブレーカーもいいですね。シルバー、ホワイト、ブラックの3種類が揃っています。

夏のゴルフファッション

夏のゴルフは何といっても暑さと紫外線対策です。ノースリーブはNGなので、ここは機能性下着に任せてください。急汗速乾性で汗をかいてもすぐ乾き、おまけにUVカットで紫外線から肌を守ってくれる商品が数多く販売されています。 キャロウェイの長袖ハイネックは、吸汗速乾性でUPF30のUVカット品です。ネイビーとホワイトの2色があり、両腕はもちろん、紫外線から防御が難しい首回りも守ってくれます。
もう少し違った色が欲しい方には、メガゴルフの夏の雪アンダーシャツがおすすめです。7色から選べ、UPF50と紫外線を99.9%カットしてくれるそうです。

秋のゴルフファッション

夏の暑さ対策からも解放されて、いよいよスポーツの秋到来です。お洒落系レディースゴルファーにとっても、いよいよ腕の見せどころです。とはいえ、朝晩と日中の温度差は気になるもの。少し遅いスタートだと、後半かなり冷えてきます。
そんなときに便利なのがベストですね。少しカジュアルっぽくまとめてみて、パーリーゲイツのストレッチパンツとニットベストの組み合わせだと、多少の冷え込みも大丈夫です。ストレッチパンツは伸縮性に優れ、ヒップの調整ベルトつき。ポケットにはボールも入ります。

冬のゴルフファッション

冬のゴルフは寒さ対策を一番に考えますね。最近は機能性インナーもたくさん販売されていて、昔のように厚着をする必要もなくなりました。 ゴルフ用機能性インナーは、発熱素材を使ったミズノのプレスサーモやアンダーアーマーのコールドギアなどが有名ですが、ゴルフ向けでなくても、カットソーのビューティーヒートやグンゼのホットマジックなども試してみてはいかがでしょう。
これにデサントのヒートナビ機能の長袖シャツ、ダウンジャケットを着用すれば、冬のゴルフも寒くありません。

まとめ

レディースの一般的なドレスコードと、季節ごとのおすすめゴルフウェアーをご紹介しましたが、いかがでしたか。 各ゴルフ場のドレスコードさえ守っていれば、コーディネートはプレーヤーの自由です。 自分に合ったスタイルでゴルフを楽しんでください。

関連記事

おすすめの記事