「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

雨の日のゴルフを快適に、雨具とグッズの選び方

2016 12/9 12:03
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Benoit Daoust/ Shutterstock.com

楽しみにしていた友達とのゴルフ、予報が雨に変わったらがっかりしますよね。 でも、そんなに落ち込むこともありません。雨対策さえしておけば、楽しいゴルフができますよ。 ここでは、雨の日でもゴルフを楽しみたい方向けに、レインウェアの選び方や雨用グッズをご紹介します。

専用がおすすめ、ゴルフ用レインウェア

雨の日のゴルフには、レインウェアの着用が一番効果的です。呼び方はレインスーツやレインブルゾンなど、メーカーによってさまざまです。女性用では、スカート着用時などに対応してワンピースのものも発売されています。
レインウェアは一般のウェアとは異なり、ゴルフ道具メーカーやゴルフウェアメーカーが販売しているゴルフ専用レインウェアがおすすめです。スイングの邪魔にならない伸縮性のいい素材、内側のズボンのポケットから取り出しができる貫通ポケット、シューズを履いたまま着脱ができる裾ファスナーなど、ゴルファーには便利な機能が満載されています。

専用レインウェア、便利な機能と便利なわけ

ゴルフ専用レインウェアには、専用ならではの便利で使い勝手のいい機能が付いています。最近のレインウェアは軽くなったとはいえ、余計に1枚着込むのですから、スイングが窮屈になるのは避けられません。
伸縮性のいい素材や、股下の長さ調整、袖の長さ調整は、窮屈感をなくしてスムーズなスイングを提供してくれます。ズボンの裾ファスナーは、雨が降れば靴を履いたまま着用ができ、雨がやめばすぐに脱ぐことができる機能です。ズボンポケットが貫通していれば、ポケットに入れているティやマーカーを移しかえる必要がなく、着脱の手間しかかかりません。

雨の日のグローブは滑らないものを

ウェアのほかに気を付けたいのがグローブです。晴れの日と雨の日では、グローブは変えた方が無難です。晴れの日に使いやすい革製グローブは、雨にぬれると滑ります。それに、一度濡れた革製は縮んでしまって、乾かしても元に戻りません。雨の日には雨用か全天候型グローブを準備してください。
雨用は水にぬれるとグリップ力が増す優れもので、全天候型は水にぬれても滑りません。特に全天候型は価格が安いものが多いので、雨用として1組準備しておけば、急な雨にも対応できますね。

雨の日の定番、雨傘と帽子

雨傘は雨の日の必需品ですが、あまり気にすることはありません。ほとんどのゴルフ場は雨傘完備で、キャディさんのカートや、セルフ用カートに備え付けられています。
それよりも、帽子に気を配った方が得策です。レインウェアを着て傘をさせば雨はしのげますが、プレー中は傘をさすことができません。したがって、ひとつひとつのプレー時間を加えると、かなりの時間、雨から頭を守っているのは帽子のみです。ゴルフ専用でなくても、撥水加工されたつばの広い帽子があれば、頭の雨は防げます。

その他の雨の日便利グッズ

ゴルフシューズも雨対策として撥水加工されたものが多くなりました。それでも、念のため撥水スプレーをかけておきましょう。帽子やレインウェアにもかけておけば、撥水効果が強まります。
しかし、いくら雨対策をしても、雨の日のゴルフは濡れるものです。タオルはいつもより多めに準備してください。着替えも一式準備すれば、お昼休みに着替えることができますね。特に靴下は濡れやすいので、必ず準備してください。 注意点として、雨が途中で上がった場合、上着は脱いでもズボンはそのままレインウェアでプレーしましょう。芝や草は濡れているので、すぐに脱ぐのは禁物です。

まとめ

雨の日でもゴルフが楽しくできるように、レインウェアの選び方や便利なグッズなどをご紹介しました。 年間に何回かゴルフ場に行く方は、雨の日に当たる確率も増えてしまいます。 そんなときは、しっかり準備をして、雨の日のゴルフを攻略するんだという気持ちでプレーしてください。 雨の日のゴルフが楽しみになるかもしれないですよ。

関連記事

おすすめの記事