「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京オリンピックにてゴルフ競技の出場資格とは

2016 10/27 18:11
東京オリンピック ゴルフ 出場資格
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Tony Bowler / Shutterstock.com

東京オリンピックでは、どんなゴルフの闘いが見られるのでしょうか?普段あまりスポーツと意識して見ないゴルフのテレビ中継ですが、世界の舞台オリンピックで生で見られるチャンスに、この競技の選手たちはどのように選ばれているのかなど、知っておきたいと思います。

復活したオリンピックのゴルフ競技

東京オリンピックの前のリオデジャネイロオリンピックで、ゴルフという競技はオリンピックに復活しました。ゴルフがオリンピック競技ではなかった期間はなんと「112年」。オリンピックにゴルフを復活させようという願いがようやく通じたのです。今やゴルフはオリンピックではないさまざまな大会が主流で、オリンピックでゴルフというと、規模も広く時間もかかるので難しいことのように思えます。
まして賞金争いもない純粋なスポーツとしてのゴルフをオリンピックの種目に復活させるのには、世界的に有名なプレーヤーや国際オリンピック協会との話し合いが相当重ねられ、合意に至ったのであろうと、このオリンピックのゴルフ復活に皆さんもとても興味が湧いているのではないでしょうか?

オリンピックゴルフ選手の出場資格

オリンピックでは、男女共に各60人迄と定員が決まっていて、世界ランキングの順位により、国別の枠で選出されます。世界ランキングで15位迄に入っている選手ならば、一か国4名の出場が可能で、16位以下の選手ならば一か国2名まで、となります。
そして、開催国の選手は世界ランキングに関係なく男女各1名までの出場が保証され。更に5大陸の選手からも男女各1名の出場枠が保証されます。しかし、それらの枠を踏まえても、出場者が男女各60人を超えることはありません。世界ランキング上位の有名なプレーヤーと、競技人口が多いゴルフ界の無名な選手たちが、ほぼ初めての競技場で一斉に個人戦で闘いを繰り広げ、思わぬドラマを見せてもらえそうです。

おすすめの記事