「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フットサルのディフェンスがうまくなりたい!上達のコツ紹介

2016 12/21 10:03
フットサル
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by LevanteMedia / Shutterstock.com

フットサルを始めてだいぶ慣れてきたという人、初心者ではないけど上級者とは言えない人など自身のプレーのレベルアップを目指している人は多いと思う。今回はフットサルのディフェンスに注目して上達のコツを紹介したいと思う。

フットサルの守備とは?

フットサルは足でボールを扱うことからサッカーと同じようなスポーツと思われているが、人数やボールコートの大きさなどサッカーと異なる点が多く存在する。そのため、ディフェンスに関してもフットサルの競技特性を考慮して行う必要がある。次の章からはフットサルの守備のうち「ゾーンディフェンス」、「パスラインを切る」、「1対1」、「攻守の切り替え」の4つに焦点を当て、それぞれのポイントを紹介していく。

ゾーンディフェンスのポイント

フットサルの守備の基本はゾーンディフェンスだ。ゾーンディフェンスは相手選手の動きについていくマンマークに比べて守備の陣形が崩れにくく、相手にスペースを与えにくいという特徴を持つ。ではどういうことに注意すればいいのだろうか?それは周囲の状況を把握することだ。
相手選手が別のゾーンから自分のゾーンに入ってくるとき、もしくは入ってきそうなときを把握しておくだけで次の動きに対応しやすくなる。また味方の選手にゾーンを移動する選手を伝える際にも、味方選手の状況を把握していないと相手をフリーにさせてしまいかねない。相手を見る、味方を見るという状況把握をするということがゾーンディフェンスにおいては重要だ。競技を始めて間もない頃は周りが見えにくかったかもしれないが、経験を積むにつれて少しずつ見えるようになってきていると思う。

おすすめの記事