「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

F1のレギュレーションって?2016年の変更点もおさらい

2016 9/14 00:42
F1
このエントリーをはてなブックマークに追加

テクニカルレギュレーションの内容

どのチームのマシンも外見はデザインを除いてほとんど違いがありませんが、それは外寸や重量などがテクニカルレギュレーションで統一されているためです。その中で、マシンのスピードを速めるために重要なのがエンジンとタイヤですが、これらに関しても細かく規定されています。
エンジンに関しては、重量やサイズのほか、排気量の制限や使用されるシステムも統一されています。タイヤも素材やサイズが決められており、フリー走行や予選、決勝で使用できるタイヤの数も制限されます。
このようにして、マシン全体に関してどのチームもレギュレーションで統一されています。それに対して、各チームはこの規定の中で最大限にスピードを高められる方法を模索する必要があります。

2016年から変更されたレギュレーション

毎シーズンごとにレギュレーションの変更があるF1。2016年は、主にタイヤとエンジンに変更点がありました。 まず、これまでの4種類のドライタイヤに、最も軟らかいウルトラソフトタイヤが追加されたこと。各大会に持ち込まれるドライタイヤが2種類から3種類に増え、予選では最も柔らかいタイヤセットをQ3まで温存しておく必要があるなど、タイヤの運用ルールも変更されました。
次に、2014年から採用されているV6ターボエンジンとERS(エネルギー回生システム)によるパワーユニットと呼ばれるエンジンシステム。今年はこれまでの4つから5つまでの使用が認められたほか、シーズン中の開発や前年度に承認されたユニットの使用も認められています。
また、ドライバーの安全性を高めるための変更点もあります。コックピットの両側をこれまでよりも20mm高くすることでドライバーの頭部を保護すること。そして、クラッシュ時にセーフティーカーが導入されない場合でも、安全性を向上させるため、ステアリングに表示される速度で走るように指示するバーチャル・セーフティカー・システムがフリー走行時にも導入されています。

まとめ

F1では大きくレース中のレギュレーションとマシンの基準に関するレギュレーションの2つに分かれています。
今回ご紹介したような厳密なルールの下で速いスピードを出しているという点に注目したいですね。

以上「F1のレギュレーションって?2016年の変更点もおさらい」でした。

おすすめの記事