「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【F1】ハミルトンが通算1000回目の大会を勝利 過去に節目のレースを制したのは?

2019 4/17 17:02河村大志
2019年F1中国GP表彰台,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

メルセデス完勝!第3戦中国GPをプレビュー

今季も2戦が終了しメルセデスが連勝しているが、マシンのポテンシャルはフェラーリも負けておらず、中国では激しいバトルが期待された。

F1が通算1000回目の開催という記念すべきレースでポールポジションを獲得したのはバルテリ・ボッタス(Mercedes)。開幕戦では去年のうっぷんを晴らす完璧な勝利を挙げたが、チームメイトであるルイス・ハミルトン(Mercedes)が得意としている中国でポールポジションを獲得したところをみると、今年のボッタスは去年とは違うようだ。

2位にはハミルトンが入り、セカンドローにはセバスチャン・ベッテル(Ferrari)、シャルル・ルクレール(Ferrari)の順でフェラーリ勢がつけた。

優勝争いはスタートが全てだった。好スタートを決めたのは偶数列からスタートしたハミルトンとルクレール。ハミルトンはボッタスの、ルクレールはベッテルの前に出てポジションアップ。

スタートで前に出たハミルトンの後ろで乱気流を受け、近づくことができなかったボッタスはハミルトンに追従するのみとなった。チームもこのままの順位でゴールさせることに決め優勝はハミルトンとなった。スタートが全てだったが、予選で0.023秒差につけたハミルトンに対してボッタスはスタートが鍵になると考えていただろう。しかしそれが焦りを生み、ホイルスピンさせてしまう結果となってしまった。

一方、フェラーリは前に出たルクレールのペースが上がらずベッテルを前に出すよう指示。しかし、そのベッテルもペースが上がらない。ルクレールはピットストップを遅らせたが、結果5位のマックス・フェルスタッペン(Red Bull)にアンダーカットを決められ5位となってしまった。 ベッテルは今季初の表彰台を獲得するも、内容はいまいち。チームはベッテルをエースドライバーとし、レースの優先権を与えると明言したが、才能に溢れすでに結果を出しているルクレールをエースにすべきとの声も上がっている。

中国GP結果,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

今のところフェラーリは2人のドライバーをコントロールできていない。最速のマシンを持っているにもかかわらず、メルセデスに開幕3連勝を決められてしまったフェラーリ。ドライバーのコントロールにフレキシブルな戦略、フェラーリがやらなければいけないことはマシン開発だけではなさそうだ。

おすすめの記事