「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フェラーリに悪夢再び それでも敗戦から見えたルクレールのすごさとは? 

2019 4/3 15:00河村大志
シャルル・ルクレール,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

まさかの結末!第2戦バーレーンGPをプレビュー

波乱の開幕戦が終わり、F1サーカスは第2戦の舞台バーレーンへ。開幕戦で本来の実力が全く出せず、表彰台にも上れなかったフェラーリ勢が本来の速さを見せつけるレースとなった。

予選ではフェラーリ勢がメルセデスを寄せつけずフロントローを独占。ポールポジションを獲得したのは、今シーズンからフェラーリに移籍したシャルル・ルクレール(Ferrari)だった。2番手にセバスチャン・ベッテル(Ferrari)、3位にルイス・ハミルトン(Mersedes)、4位に開幕戦ウィナーのバルテリ・ボッタス(Mersedes)が入った。

決勝ではポールのルクレールがスタートミスし、ベッテルに先行を許す。スタートでチームメイトに先を越されたルクレールは6周目にベッテルをパスしトップに浮上。

一方、ペースの上がらないベッテルはハミルトンにアンダーカットを決められ3位に後退。しかしタイヤのセット数に余裕がなく、ソフトタイヤでペースが上がらないハミルトンをベッテルが23周目にオーバーテイクした。

35周目に2回目のピットストップを行ったハミルトンは、新品のミディアムタイヤを履きペースが回復。38周目のターン4でハミルトンがベッテルに仕掛けて2位に浮上。その時ベッテルがコーナーの立ち上がりでまさかのスピン。さらにフロントウィングにダメージを負いピットインを余儀なくされ、9位に後退してしまった。

そんなチームメイトとは対照的にトップのルクレールは盤石の体制でトップを走っていた。しかし残り11周で急にルクレールのペースが落ちる。シリンダーの誤燃焼が原因で、推定40馬力も失ってしまったルクレールにハミルトンが迫り、48周目にトップに浮上。さらに残り4周でボッタスにもパスされ、4位のマックス・フェルスタッペン(Red Bull)もルクレールに迫ってきた。

フェルスタッペンがいよいよルクレールに迫ってきた残り3周という場面でルノーの2台が立て続けに1コーナーでストップ。ルノーのマシンを撤去するためにセーフティーカーが入ることになった。

セーフティーカー先導のままレースは終了し、ハミルトンが波乱のレースを制した。2位にはボッタスが入りメルセデスが開幕戦に続き1-2フィニッシュを達成。ルクレールはセーフティーカーに助けられる格好で何とか3位表彰台を獲得することになった。

4位には表彰台まであと一歩に迫ったフェルスタッペン、痛いスピンを喫したベッテルは5位でレースを終えた。

おすすめの記事