「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ハミルトン抑えボッタスが開幕戦制す 次戦バーレーンでフェラーリ勢の逆襲はあるか

2019 3/27 15:00河村大志
ハミルトン,Shutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年F1開幕戦をプレビュー

ついに始まったF1・2019シーズン。開幕戦のオーストラリアGPは大方の予想を覆す結果となった。開幕前のバルセロナテストでは常にトップタイムを記録し、開幕戦でも速さを見せると思われていたフェラーリは、予選・決勝ともにメルセデスに大きな差をつけられた。

予選ではルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジション、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が2位に入り、メルセデスがフロントローを独占。ハミルトンは予選3位に入ったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に対して0.704秒という大差をつけた。

今年から空力面のレギュレーションが変わり、約1.5秒遅くなると言われていたが、今年のポールタイムは去年より0.678秒速くなっていた。規制が入ったにも関わらずタイムが上がっているのをみると、F1は常に進化し続けていることを改めて思い知らされた。

決勝では2番手スタートのボッタスが好スタートを決め、トップで1コーナーへ。いきなりトップに立ったボッタスが5度のワールドチャンピオンであるチームメイトを相手に、影をも踏ませない見事な走りを展開した。

一方、メルセデスのライバルであったフェラーリ勢は予選で大差をつけられ、決勝でもメルセデスに勝負を挑むスピードがなかった。3位につけるベッテルはハミルトンに対してアンダーカットを仕掛けるため、わずか14周でピットイン。ベッテルに抜かれないためハミルトンも15周目にピットインを済ませる中、ボッタスは定石通り23周目にピットインし、誰にも脅かされることなくファステストラップを更新しながらレースをリードした。

去年1勝もできなかったボッタスがハミルトンに対し20秒差をつけて優勝。レース終盤にファステストラップを奪われるものの、残り2周でファステストラップを更新し、フルマーク26ポイントを獲得した。

2位に落ちたハミルトンはボッタスに逃げられてしまったが、レース後に左リアタイヤ前のフロアにある気流を制御する装置が外れていたことが判明。このアクシデントがなければどうなっていたのか気になるところだ。

メルボルンが開幕の地になって以降、開幕戦で同じチームがワンツーフィニッシュを決めた時、勝ったドライバーが必ず年間チャンピオンになっているという面白いデータがある。 昨年、不運やチームオーダーで1勝もできなかったボッタスがいきなりチャンピオン争いの主役に躍り出た開幕戦。このデータ通りなら今年のチャンピオンはボッタスということになるが…。

おすすめの記事