「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

真紅の跳ね馬が特徴!スクーデリア・フェラーリ歴代F1マシンを紹介

2017 6/13 12:41まるちゃん
F1
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by David Acosta Allely/Shutterstock.com

F1で最も有名なチームといえば、真紅の跳ね馬が特徴的なスクーデリア・フェラーリ。 F1創設時から参戦している名門チームで、ドライバーからも一度は乗ってみたいと憧れるチームだ。 そんなスクーデリア・フェラーリの歴代マシンたちをピックアップして紹介していく。

数多くのタイトルを獲得したF1マシン「312T」シリーズ

1974年から開発が始まり、1975年にデビューした「312T」。当時としては珍しいセミモノコックを採用し、エンジンは自社フェラーリ製の水平対向12気筒を搭載。エンジンはパワフルで信頼性も高く、横置きギアボックスとしたことでハンドリング特性も素晴らしく、数多くのタイトルを獲得するマシンとなった。
「312T」はその後も312T2・312T3・312T4・312T5と発展、4度のコンストラクターズチャンピオンを獲得するなど、基本設計の良さも特徴だ。

カーナンバー1の称号をつけたF1マシン「Ferrari 641」

1980年台に入ると、コンストラクターズ1位は獲得するものの、惜しくもドライバーズタイトルを逃していたスクーデリア・フェラーリ。そこで1989年にチャンピオンとなったアラン・プロスト選手をドライバーに採用し、翌年の開幕戦にカーナンバー1の称号をつけたF1マシン「Ferrari 641」を登場させる。
進化したセミオートマチックトランスミッションを搭載しており、エンジンも前年型と比べると60馬力ほどパワーアップしている。第3戦サンマリノGPからはマイナーチェンジを施した「641/2」を投入し、チャンピオン獲得とはならなかったものの、ファンには“最も美しいフェラーリ”として印象に残ったマシンとなった。

おすすめの記事