「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

あのシーンが心に残る!F1レース2016年の名場面!

2017 6/13 12:41ユタロー
f1
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by NCS Production/Shutterstock.com

2017年のF1のレース展開も気になるところだが、2016年の思い出に残っているシーンには、どのようなものがあるのだろうか? 今回は、多くの人の記憶に残っている2016年F1レースの名場面について紹介する。

ぎりぎりの戦いだからこそ思い出に残りやすい

F1レースは最高速度、時速300kmに達するほどの驚異的なスピードの世界だ。一歩間違えてしまえば、命の危険にさらされることも少なくない。
そのような世界の中で、ドライバーたちは命がけともいえる駆け引きをしている。そんなギリギリの世界だからこそF1レースには、数々の名場面がよく誕生している。2016年のシーズンでも、印象に残るような戦いをたくさん見せてくれた。

開幕オーストラリアグランプリの大クラッシュ

2016年のシーズンは開幕戦であるオーストラリアグランプリから波乱の展開となった。
フェラーリが好位置につける中、優勝候補のルイス・ハミルトン選手が勝機を見失って接触などの展開を見せていた。そのような荒れた展開の中で、エステバン・グティエレス選手とフェルナンド・アロンソ選手が豪快なクラッシュをしてしまう。
そのすさまじい様子に一時会場は騒然となったが、なんとアロンソ選手は自ら脱出し、自立歩行をしていたのには驚かされた。

おすすめの記事