「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴史を紐解く!F1レギュレーションの変遷

2017 6/13 12:41ユタロー
f1
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Digital Storm/Shutterstock.com

F1レースは、マシンに対するレギュレーションが頻繁に変わることでも有名だ。 毎年、どのようにレギュレーションに対応していくのかファンの楽しみの1つになっているが、このレギュレーションの変遷はどのようになっているのだろうか? レギュレーションの歴史について解説する。

F1レースはいつからあるのか?

F1レースは、1946年に国際自動車連盟(FIA)が発足して初めてフォーミュラ規格が制定された。 規格は制定されたものの、終戦直後、環境が整っていない状態でレースを開催するのは難しく、実質的に初めてのグランプリレースは1950年5月13日に開催された。
この時、マシンの台数は21台であり、ほとんどが戦前のマシンの流用だった。規格としてもひとまず過給機付きで1500cc、過給機なしの場合は4500ccと定められているのみだった。

1980年代までのレギュレーションの変遷

1980年代までは、F1レース業界はまだ手探り状態であり、明確な規定がなされていないことが多くあった。 当初の過給機付きで1500cc、過給機なしで4500ccという規格だけで進められており、1954年から初めてガソリンの種類についても規定されるようになった。
また、1960年を過ぎるとマシンは自然吸気のみとなり、さらに1.3~1.5リッターのみの制限となり、F2規格と混走するという事態は避けることができるようになった。
その後、安全のための車載消火器の設置や、エアロフォイル規制、最低重量やエンジンの気筒数など、徐々に細かく制定されていった。

おすすめの記事