「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2年目はどこまで?F1の2017年ハースF1チームの展開

2017 4/20 11:07ユタロー
モーターレース
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ev. Safronov / Shutterstock.com

2016年にデビューした新しいチームとして知られているハースF1ですが、2017年は、チームにとって特に重要な年であると言えるでしょう。 ハースF1のマシンやドライバー構成について解説します。

ハースF1チームとは

2016年からF1に参加しているハースF1は、有力レーシングチームであるスチュアート・ハース・レーシングが創設したアメリカのチームです。 30年ぶりのF1参戦となるアメリカは、当初2015年にチームデビューを予定していましたが、チーム育成のために1年間延期するこにしました。
マシン本体は、技術提携を行っているフェラーリのパワーユニットやトランスミッションが使用されています。

2016年度の成績は?

ハースF1の初参戦年度の成績は、29ポイントで8位という結果でした。エースドライバーとして、ロータスからロマン・グレンジャー選手を移籍させ、セカンドドライバーとして、フェラーリで予備ドライバーとして待機していたエステバン・グディエレス選手を移籍させました。
初レースであるオーストラリア・グランプリで初ポイントを獲得したものの、中盤で勢いを落としてしまいます。後半僅かに盛り返しましたが、悔しさが残る結果となりました。

おすすめの記事