「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

F1ファンなら1度は行ってみたい!F1の聖地5選

2017 3/3 18:51出井章博
f1 monaco
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Serjio74/Shutterstock.com

F1には歴史があり、F1においての聖地となっているサーキットがある。また、チームによっても聖地となっているサーキットがある。そこで、F1ファンなら1度は行ってみたいF1の聖地を5つ紹介する。

第1回のF1開催地イギリスのシルバーストン

1950年5月13日にF1の第1回目のレースが行われたが、その第1回の開催地がイギリスのシルバーストン・サーキットだ。第二次世界大戦で使用された飛行機の滑走路を利用したサーキットで、当初は五角形の特徴的な高速コースだった。1991年に安全性向上を理由にテクニカルなコースに生まれ変わったが、今もF1ドライバーにとって特別なコースだ。
現在のコースは全長5.891kmで、F1の他にバイクの世界最高峰レースMotoGPも行われる。1987年には、このサーキットでホンダエンジン勢(ウィリアムズ・ホンダ、ロータス・ホンダ)が1位から4位まで連なってゴールチェッカーを受けた(優勝ナイジェル・マンセル氏)。

真っ赤なフェラーリが良く似合うイタリアのモンツァ

F1のレースが最も開催されているサーキットがイタリアのモンツァ・サーキットだ。1922年に完成し、1950年にF1が始まってからは1980年以外毎年このサーキットでイタリアGPが開催されている。フェラーリのお膝元で、イタリアGP開催時にはティフォージと呼ばれるフェラーリファンが大勢押しかける。
現在のコースは全長5.793km、ホームストレートは1,120mもある。特筆すべきレースとしては、アイルトン・セナ氏とアラン・プロスト氏のコンビで無敵の強さを誇ったマクラーレン・ホンダに唯一土をつけた1988年のレース(優勝ゲルハルト・ベルガー氏)をあげることができる。

おすすめの記事