「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ありえない大逆転や番狂わせ!凄すぎるF1の奇跡5選

2017 3/3 18:51出井章博
f1 side by side
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Fifian Iromi/Shutterstock.com

F1観戦において楽しみなのは、力の劣るチームの番狂わせや、残り少ない周回からの大逆転ではないだろうか?レーサーには得意なコースがあって、コースならではの番狂わせや天候が左右しての大波乱もある。そこで、F1における奇跡を5つ紹介する。

日本中が興奮!1990年日本GPの鈴木亜久里氏の3位表彰台

1990年の日本GP、レース前の注目はアイルトン・セナ氏とアラン・プロスト氏の「セナ・プロ対決」。ドライバーズランキングで9ポイントリードしているセナ氏だったが、前戦スペインGPでプロスト氏が勝利し、前年89年の日本GPのクラッシュもあり、注目されていた。予選はセナ氏が1位、プロスト氏が2位で、「セナ・プロ対決」はさらに注目を高めた。
しかし、1周目1コーナーでクラッシュする大波乱になったのだ。そんな中、日本人ドライバー鈴木亜久里氏は予選10位から7週目で早くも6位にジャンプアップ。ファステストラップを重ねながら、35週目には3位に浮上。終盤ガス欠の可能性があり、日本中のF1ファンが固唾を飲んで見守る中、見事3位フィニッシュ。感動を呼んだ。

奇跡の優勝!1996年モナコGPのオリビエ・パニス氏

1996年のモナコGP、決勝当日は大雨。レース前には止んだものの路面は濡れている状態だった。スタート後1コーナーで予選2位のデイモン・ヒルが先頭に立ち後続を引き離す展開。しかし、他のドライバーは濡れた路面に手こずる。1周目でポールポジションのミハエル・シューマッハ氏を含む5台がクラッシュ。その後もクラッシュやマシントラブルでリタイアが続く。
そんな中、予選14番手のリジェ・無限ホンダのオリビエ・パニス氏は燃料を他車より多く積んでピットストップを短くする作戦。30周目前後には多くの車がピットインしたため3位に浮上した。
トップを快走するヒル氏が41週目でエンジントラブルでリタイアすると、その後トップに立ったジャン・アレジ氏も61週目でサスペンションのトラブルでリタイア。オリビエ・パニス氏は完走扱い7台というサバイバルレースを制した。

おすすめの記事