「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【フィギュア】鈴木明子の衣装の秘密とは?

2016 9/23 11:08
フィギュア スケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Gertan/Shutterstock.com

フィギュアに興味がある方へ。
もっと選手のことを知りたい人のために、今回は鈴木明選手の衣装について詳しく紹介いたします。

鈴木明子選手は、どんな選手だった?

鈴木明子選手がどんな衣装を選んでいたかを紹介する前に、彼女の経歴を見てみましょう。鈴木明子選手は、2011年のグランプリ・ファイナルで銀メダル、2012年の世界選手権で銅メダルに輝いた選手です。2013年には、全日本選手権優勝を果たしています。
彼女は摂食障害に悩まされながらも、着実に結果を残して日本一になりました。2014年3月に現役引退をして、小学校の同級生と結婚しました。現在では、振付師として活躍しています。

バンクーバーオリンピックの衣装

2010年に行われた冬季オリンピックの「バンクーバーオリンピック」では、舞台作品に合わせた衣装を着ていました。ショートプログラムのときに使用した楽曲「リバーダンス」では、アイルランドの文化をイメージする衣装でした。
黒のドレスで、オレンジ色がスカートやリボンに入っているので、ラテンのイメージもあります。フリーの「ウエストサイドストーリー」では、真っ赤なドレスでヒロインの情熱や陽気さを表現していました。

2011年から2012年にかけての衣装

「ハンガリアンラプソディー」では、黒とグレーのドレスに光沢を出して、品格のある素敵なドレスで演技をしていました。鈴木明子選手の素晴らしいところは、デザインや素材にこだわって衣装を選ぶ点です。企画の段階から立ち会い、他の選手が真似できないような表現に挑戦していくスタイルがあります。
「こうもり序曲」では、名前とはギャップのある「ピンク」や「青」のドレスで演技をしました。曲のイメージは豪華な衣装のほうが似合うとのことで、華やかなデザインが選ばれました。

映画の舞台を表現した衣装

2012年から2013年にかけて、映画「キル・ビル」で使われる曲に合わせた衣装が、注目を浴びました。黒のミニスカートドレスなので、セクシーでクールな鈴木明子選手を見ることができる、貴重な演技となりました。
「キル・ビル」の主人公は黄色のスーツを着るイメージがあるので、衣装の裏地にも黄色を取り入れたそうです。映画「レジェンド・オブ・デステラート」の曲では、クジャクのような青いドレスで、美しい鳥の姿を表現しました。

鈴木明子選手の現役引退前

現役引退前、鈴木明子選手はショートプログラム「愛の讃歌」、フリースケーティング「オペラ座の怪人」に合った衣装で演技をしました。ショートプログラムでは、紫の衣装で落ち着きのある印象を与えました。「愛の讃歌」が情熱的で盛大な音楽なので、絶妙なバランスを演出していたのでしょう。
フリースケーティングでは、純白のドレスを使用していました。ヒロインのイメージカラーである「白」を主張して、細かいところに黄色やピンクを散りばめている衣装でした。

まとめ

いかがでしょうか?鈴木明子選手のファッションセンスは素晴らしいので、とてもこだわりを感じる衣装ばかりです。なぜその衣装が選ばれたのか、理由を考えながらフィギュアスケートを観戦すると、より楽しさが増しますよ!

以上「【フィギュア】鈴木明子の衣装の秘密とは?」でした。

関連記事

おすすめの記事