「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本フィギュア界の王子様!羽生結弦選手の功績とは?

2016 9/9 08:08
フィギュアスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Iurii Osadchi/Shutterstock.com

羽生結弦選手といえば「日本フィギュア界の王子様」として絶大な人気をほこる選手。
ソチ五輪での金メダルやGPファイナルでの史上最高得点などの活躍は記憶に新しいところだが、今回は彼が氷上デビュー果たした当時から現在に至るまでの功績を紹介する。

功績その1 日本男子フィギュアを世界トップレベルへ牽引!

日本のフィギュアスケートというとどうしても女性選手に注目が集まりがちだ。浅田真央選手を筆頭に、荒川静香選手や古くは伊藤みどり選手など、素晴しい名選手がたくさんいる。
実際、試合の成績においても、女子選手の方が良い成績をおさめていたことは事実だ。
しかし、羽生結弦選手の登場でこの流れは一変した。その圧倒的な実力でたちまち世界の頂点に立った羽生結弦選手。日本のこれまでの男子選手にはなかった突出した技術、演技力、そしてずば抜けたスター性。
まさに「王子様」と呼ぶにふさわしい羽生選手によって日本男子フィギュアスケートは真の世界レベルに到達したといえるだろう。

功績その2 病弱でも世界一になれることを証明!

羽生選手がスケートをはじめた理由のひとつに「病気の克服」があった。
ひどい喘息をもっていた羽生選手。ご両親は仙台で盛んだったスケートを息子にさせることで心肺機能を高め、喘息を克服させようと考えたのだ。現在も羽生選手の喘息は完治していない。
しかし、投薬治療はガス吸入治療などに加えて、スケートで恒常的に心肺を動かし呼吸機能を高めていったことが、羽生選手の喘息の改善に大きく貢献していったそうだ。

おすすめの記事