「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

浅田真央の輝かしい功績をたどる

2016 9/9 08:08
フィギュアスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Iurii Osadchi/Shutterstock.com

浅田真央さんの魅力をもっと知りたいファンも多いだろう。今までの軌跡とともにその功績を振り返って紹介してみたいと思う。

ジュニア時代から輝いていた浅田真央

浅田選手はフィギュアスケートを5歳からスタートした。バレエは3歳から始めていたということもあって下地も十分。これにはバレエダンサーを夢見ていたお母さんの意向があったようだ。
姉の浅田舞選手、お母さんと家族一丸となってフィギュアスケート人生をスタートした。注目を集めるきっかけとなったのは2002年、15歳の時の全日本選手権だ。3連続3回転ジャンプをきめた「天才少女」の登場に観客は沸き立った。

浅田真央の武器3Aはジュニア時代から

その後グランプリファイナル2005年グランプリファイナルでは3A(トリプルアクセル)を成功させ初出場初優勝。これは日本代表としては村主章枝選手以来2人目という優勝だった。
2006年トリノオリンピックへの出場が期待されたが、「五輪前年の6月30日までに15歳」の年齢制限にわずかに届かず出場は叶わなかった。ファンの誰もが4年後の2010年バンクーバーオリンピックの舞台で輝く浅田選手を想像していたことだろう。

おすすめの記事