「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

要おさらい!全日本フィギュアスケート選手権の見どころ紹介

2016 9/8 23:08
全日本フィギュア
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Olga Besnard/Shutterstock.com

世界一レベルが高いといっても過言ではない日本のフィギュアスケートの国内ナンバーワンを決めるのが「全日本フィギュアスケート選手権」です。
2000年代にフィギュアブームが巻き起こって以降、関心が一層高まった競技ですが、どこに注目して観ればいいのか初心者向けに紹介します。

全日本フィギュアスケート選手権の歴史

全日本フィギュアスケート選手権の歴史はとても古く、男子の第1回大会は1929年度に栃木県日光町(現在の日光市)の日光電気精銅所リンクで、女子は第6回大会があった34年度に東京市の芝浦スケート場(現在の東京都港区)で開かれました。
41、42年度(第13、14回大会)は戦時中のため中止になり、15回大会が開催されたのは戦後の47年度に、国民体育大会(国体)と一緒に開かれたのです(会場は青森・八戸市の長根リンク)。

全日本フィギュアスケート選手権で起こった珍事

今でこそスケート競技はリンクがしっかり造成された屋内会場で開かれていますが、昔は屋外での開催がほとんどでした。
最初に珍事が起こったのは1948年度の第17回大会。諏訪湖で知られる長野県諏訪市にある水田灌漑用の溜め池「蓼の海」を利用して作られたリンクで開催が予定されていましたが、予想外の暖冬となったため池に氷が張らず中止となりました。
また、東京・伊勢丹新宿店の事務館で開かれた51年度の第20回大会は参加者が1名しかいなかったためこちらも中止となりました。

おすすめの記事