「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成30年 羽生結弦66年ぶり五輪連覇 【平成スポーツハイライト】

2019 1/1 11:00SPAIA編集部
羽生結弦,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

東日本大震災から立ち上がる

次から次にスターが誕生した平成のリンクで、とりわけ女性から熱い支持を得た羽生結弦。小学生の頃から「天才少年」と騒がれ、平成21年のジュニアグランプリファイナルでは史上最年少の14歳で総合優勝。23年2月の四大陸選手権では、初出場で銀メダルを獲得し、男子選手としては四大陸選手権史上最年少のメダリストとなった。

同年3月11日、東日本大震災が発生。東北高校3年だった羽生は仙台市内のリンクで練習中だった。大きな揺れに慌て、スケート靴を履いたまま外へ避難。自宅も被害を受けたため4日間避難所で過ごした。各地の甚大な被害を知り、余震のたびに身を硬くした。家族4人で一つのおにぎりを分け合った日のことは決して忘れない。

心に傷を負った16歳は、センバツ甲子園で東北高校の仲間たちがプレーする姿を見て勇気づけられた。僕もスケートで被災者を勇気づけたい―。

羽生は再び立ち上がった。リンクは閉鎖されていたが、練習代わりに各地のアイスショーを転戦した。その年11月のロステレコム杯でグランプリシリーズ初優勝。翌年3月の世界選手権では初出場で銅メダル。技術要素点では優勝したパトリック・チャン、2位の高橋大輔らを上回る同大会最高得点をマークした。

おすすめの記事