「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成26年 ソチ五輪で浅田真央が涙の名演技【平成スポーツハイライト】

2019 1/4 07:00SPAIA編集部
浅田真央,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

バンクーバーは悔しい銀メダル

次々にヒロインが誕生する女子フィギュア界の中でも、特にファンから愛され、インパクトを残したのは浅田真央だろう。小学生の頃から「天才少女」と呼ばれ、平成17年(2005年)のグランプリファイナルでは日本代表選手として村主章枝以来2人目の優勝。しかし、「五輪前年の6月30日までに15歳」という制限に引っ掛かり、翌年のトリノオリンピックには出場できなかった。

そのトリノでは荒川静香がフィギュアで日本人初の金メダルに輝き、一躍フィギュアブームとなった。浅田は平成20年3月の世界選手権で初優勝。その年12月のグランプリファイナルではライバル・金妍兒の地元・韓国で2度のトリプルアクセルに成功し、2度目の優勝を飾った。いやが上にもバンクーバーオリンピックへの期待が高まった。

平成22年、浅田は初めてオリンピックのリンクに立った。しかし、SPでトップに立った金妍兒がフリーでも完璧な演技を見せたのに対し、SP2位だった浅田はフリーで3連続ジャンプを失敗。ライバルの後塵を拝して銀メダルに終わり、インタビューでは溢れる涙を抑え切れなかった。

おすすめの記事