「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

パトリック・チャンら引退 フィギュア強豪カナダは世代交代へ

2018 5/9 08:00川浪康太郎
パトリック・チャン,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

氷上のアーティスト、パトリック・チャンがリンクを去る

カナダの誇るスケーターが、競技人生に幕を閉じた。パトリック・チャン。その卓越したスケ―ティング技術で世界中のファンを虜にしてきた男が、惜しまれつつリンクを離れる。

シニアに移行した2007-08年シーズン、かつてのカナダを代表するスター、ジェフリー・バトルを抑えて史上最年少となる17歳でカナダ選手権を制す。その後も数々の国際大会で表彰台に上り、2010-11年シーズンからは世界選手権で3年連続の金メダルに輝いた。期待されたソチ五輪ではジャンプのミスが相次ぎ、悲願の五輪金メダル獲得はならず。

2014-15年シーズンは休養し翌年復帰すると、集大成の場となった平昌五輪は個人では9位に沈んだが、団体金メダルに貢献した。
「4回転時代」を迎えた男子フィギュア界の中で、唯一無二の存在であり続けたチャン。美しく繊細なスケーティング技術で、独自の世界観を紡ぎだしてきた。競技からは離れるが、数々の名演技はファンの心に残り続けるはずだ。

ペアのデュハメル&ラドフォードも引退を発表

チャンの引退から約10日後、またしてもカナダの名スケーターが引退を表明した。カナダのペア競技を引っ張ってきたメーガン・デュハメル、エリック・ラドフォードが共に平昌五輪を最後に競技から離れることを決めたのだ。

2010-11年シーズンにペアを組んだデュハメル&ラドフォード組。この年の世界選手権は7位。その後徐々に実力をつけ、2014-15年シーズンからは世界選手権連覇という快挙を成し遂げた。
2017-2018年シーズンはカナダ選手権で前人未到の7連覇を達成すると、平昌五輪に出場し、団体で金メダル、ペアで銅メダルを獲得。最後の舞台となった五輪で有終に美を飾った。

息の合った演技が持ち味で、スケーティング技術はもちろん、迫力のあるジャンプでも他を圧倒してきた二人。この二人も、チャンと共にカナダのスケート史に確かに名を刻んだ。

おすすめの記事