「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

笑顔で終えたオリンピック!坂本花織がこれまで残した大会実績

2018 3/23 11:28Mimu
坂本花織
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

平昌オリンピック代表にも選ばれた坂本花織

2000年4月9日生まれの17歳、神戸野田高校に在学中の2年生である。2018年2月現在、世界ランキングは13位、日本人選手で4番目につけている。
2018年平昌オリンピックの代表となり、今シーズンもっとも名を上げた選手ではないだろうか。

思いきりが良く、見ていて気持ちがいいスケートが特徴で、大舞台でも堂々とした演技を見せる。平昌オリンピックでも、団体戦では緊張がみられたが、個人戦では笑顔でしっかりと自分のスケートを披露した。

小学生のころから大きな大会になるほど力を発揮

坂本がフィギュアスケートを始めたのは、4歳。神戸FSCに所属し、同じ神戸出身である三原舞依としのぎを削っていた。
本格的に競技会出場を始めるのは、小学4年生だった2010年。ジュニアクラスよりもさらに下のノービスクラスに出場していた。

ノービスクラスは、ジュニアよりさらに年齢が低い選手が出場するクラスで、6月30日時点(フィギュアスケートのシーズン開幕日前日)の年齢が、11歳以上12歳以下ならばノービスA、9歳以上10歳以下ならばノービスBとなる。

2010-2011年シーズン、近畿選手権ノービスBで2位に入ると、全日本ノービス選手権に出場し、24位という成績を収めた。
5年生となった2011-2012年シーズンには、ノービスAに上がり、近畿選手権ノービスAでいきなり1位。さらに全日本ノービス選手権で5位入賞をはたした。

6年生になった2012-2013年シーズンには、近畿選手権ノービスAで優勝、さらに全日本ノービス選手権でも優勝と、順調なステップアップを見せた。同年、全日本ジュニアにも初出場し、9位の成績を収めている。

この当時、すでにアクセル以外の3回転ジャンプをマスターしており、特にコンビネーションジャンプのバリエーションは豊富だった。3回転ループ+2回転トゥーループ+2回転ループや、2回転アクセル+3回転トゥーループなどをプログラムに組み込んでいた。

おすすめの記事