「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

誰よりも高く、だれよりも強く!樋口新葉のこれまでの大会実績

2018 3/21 17:46Mimu
樋口新葉
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

誰よりも力強いジャンプが持ち味!

樋口新葉は、2001年1月2日生まれの17歳。現在は日本橋女学館高校に在籍している。2018年2月現在の世界ランキングは、日本人選手の中で3番目となる9位。日本スケート連盟からは、特別強化選手に指定されている。

高く力強いジャンプが何よりの持ち味だ。負けず嫌いな性格だといわれるが、誰にも負けないという気持ちが、誰よりも高く跳ぶ原動力になっているのだろうか。ステップものびやかでスピード感がある。

ノービス選手時代から全日本や海外の大会で活躍

樋口は、ノービスB時代から多くの実績を残してきた。ノービスBとは、ジュニアよりもさらに年齢が下の選手が出場するノービスクラスのなかで、9歳以上10歳以下の選手が出場する大会を指す。

本格的に競技会に出場し始めたのは、小学4年生だった2010年ごろからだ。全日本の予選大会である東京選手権ノービスBで2位に輝き、全日本ノービス選手権でも12位という成績を収めている。

小学5年生となった2011-2012年シーズンには、11歳以上12歳以下の選手が出場するノービスAの大会に出場。東京選手権ノービスAで2位に入ると、全日本ノービス選手権で3位と、前年より大きく順位を伸ばした。

さらに春にはイタリアのガルデナスプリングトロフィーに出場して優勝。海外の大会でも物おじしない大胆さは、当時から健在だったようだ。

小学校6年生に上がった2012-2013年シーズンには、アジアンオープントロフィー2位、東京選手権ノービスA優勝、全日本ノービス選手権2位、チャレンジカップ1位と、出場した大会で軒並み好成績を残した。

すでにこの当時から、同世代選手たちの中でトップの実力を持っていたようだ。全日本ジュニア選手権にも推薦出場が決定し、7位という成績を残している。

おすすめの記事