「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大舞台でこそ光る華やかな演技!本田真凜の大会実績

2018 3/20 15:22Mimu
本田真凜
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

1章 常に大きな注目を浴び続ける本田真凜

本田真凜は2001年8月21日生まれの16歳で、関西大学高等部に通う高校1年生だ。2018年2月現在の世界ランキングは、20位で日本人選手の中では6番目。日本スケート連盟から特別強化選手に指定されている。兄の太一、妹の望結と紗来もフィギュアスケーターという、スケート一家としてもおなじみだ。

小学生のころから実績を残し、フィギュア界では早くから注目を集めていた。さらに妹の本田望結が子役女優として活躍しており、メディアで大きく取り上げられることも多々。その注目度に見合うだけの豊かな才能を、本田は持ち合わせている。

2章 幼少期から大舞台でも堂々の演技

本田がスケートを始めたのは、2歳の時だという。先にスケートを始めていた太一の影響もあったそうだ。2011年、10歳になるころには早くも競技会に出場し始め、近畿選手権ノービスBに出場していきなりの優勝。さらに全日本ノービス選手権にも出場し、2位という好成績を収めた。当時から大舞台には強かったようだ。

ちなみにノービスとは、ジュニアよりさらに年齢が低い選手が出場するクラスのことである。6月30日(フィギュアスケートのシーズン開幕日前日)に11~12歳で所定の級を満たせばノービスA、9~10歳で所定の級を満たせばノービスBの大会に出場することができる。

2012年には近畿選手権ノービスBで2連覇を達成し、全日本ノービス選手権でも優勝する。近畿選手権では83.30点、全日本では90.41点という高得点。いずれも2位とは20点前後の点差をつけての優勝だった。

当時すでにアクセル以外の3回転ジャンプを取得しており、3回転ルッツ+2回転トゥーループ+2回転ループの3連続コンビネーションや、2回転アクセル+3回転トゥーループといったジャンプも決めている。

おすすめの記事