「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

強い心で魅せるスケート 白岩優奈の大会実績

2018 3/14 19:28Mimu
白岩優奈
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

本田真凜とは幼いころからのライバル

白岩優奈は2001年11月26日生まれの16歳、関西大学スケートクラブに所属している、高校生選手だ(京都両洋高等学校に在学)。2018年2月現在、世界ランキングでは32位、日本人選手の中では7番目につけている。日本スケート連盟から強化選手Aに指定される実力者だ。

キレのあるジャンプに豊かな表現力を持ち、どんな曲でも彼女の世界を表現することができる。ちなみに同じ年で同じ京都出身、幼少期から同じ京都醍醐フィギュアスケートクラブに所属してきた本田真凜とは大の仲良し、そして良きライバルである。

小学生のころからジャンプが得意

白岩は、ノービスクラス時代から競技会に出場していた。ノービスクラスというのは、ジュニアよりさらに年齢が低い選手が出場するクラスだ。年齢と技術水準によってノービスAとノービスBに分かれており、6月30日時点(フィギュアスケートのシーズン開幕日前日)の年齢が、11歳以上12歳以下ならばA、9歳以上10歳以下ならばBに出場する。

白岩が本格的に競技会に出場するのは、小学4年生だった2011-2012年シーズン。この年は、近畿選手権ノービスBに出場して9位に入った。小学5年生となった2012-2013年シーズンには、同大会で2位となり、全日本ノービス選手権にも出場。初めての全国大会ながら3位という好成績を収めている。

このころには、すでに3回転ジャンプのトゥーループやサルコウを跳べるようになっており、プログラム最初のジャンプでは、3回転トゥーループ+2回転トゥーループ+2回転ループというコンビネーションを組み込んでいた。

おすすめの記事