「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュアスケートのターンとは?ターンが見どころの選手も紹介

2017 7/12 14:39masumi
パトリック・チャン選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Olga Besnard/Shutterstock.com

フィギュアスケートのターンは演技のさまざまな箇所で用いられるが、具体的にどんなものなのかよく分からない人もいるのではないだろうか。 ここではターンの概要や分類、ターンが見どころの選手を紹介する。

フィギュアスケートのターンとは?

フィギュアスケートのターンとは、片足で向きを変える動作を指す。 ターンの種類は、回転する方向やターン前後のカーブの向きなどによって区別されており、方向やエッジの変更が伴うと難易度が上がる傾向にあるようだ。
ターンは技の前後やつなぎ部分にも用いられ、より美しく見せると共に難易度を上げる役目も果たす。 ステップシークエンスには多様なターンが複雑に組み合わせられており、選手それぞれのスケーティング技術や表現力の見せ場となっている。
ターンにはさまざまな種類があるが、ここではステップシークエンスを構成する6種類のターンを紹介する。

同じカーブ上で行うターン

1.ターンの前後で描くカーブの方向が変わらないもの

「スリーターン」
数字の「3(スリー)」のような軌道で、中央のくぼんだ部分でターン(体の向きの変更)とチェンジエッジを同時に行う。 ターンの回転方向はターン前のカーブと同方向だ。 方向を変える時に使われることが多く、トウループジャンプとフリップジャンプのエントランスに用いられることも多いターンだ。

「ブラケット」
記号の「}」(ブラケット)に似た軌道で、中央の突起部分でターン(体の向きの変更)とチェンジエッジを同時に行う。 スリーターンと似ているが、ターンの回転方向がターン前のカーブと逆方向になる違いがある。

おすすめの記事