「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュアスケートのステップの解説とステップが魅力の選手を紹介

2017 7/12 14:39masumi
高橋大輔
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Iurii Osadchi/Shutterstock.com

フィギュアスケートを観る時、ステップが楽しみという人も多いのではないだろうか。 プログラムの要素としてのステップは華麗で見どころの多い技だが、本来ステップとは基本的な動作を指している。 ここではステップの概要や種類について解説し、ステップに特徴や魅力のある選手を紹介する。

フィギュアスケートのステップとは?

フィギュアスケートのステップとは、基本的には「足を踏みかえる動作」を指す。両足の接氷時間が長いものはステップではなく、エッジで氷を押して進む動きは「ストローク」を指す。
フィギュアの競技会で一般的にステップと呼ばれているのは、「ステップシークエンス」だ。ステップシークエンスは、ステップやターンなどを組み合わせた連続技で、プログラムの必須要素として行われている。
ステップにもステップシークエンスにも、それぞれ複数の種類が存在し、難易度は前後の動作や組み合わせ方によって大きく変わる。複雑なエッジ変更や上半身での多彩な表現など、高難度となるポイントはさまざまだ。

基本的なステップの種類

主なステップには以下のものがある。

「トウステップ」
ブレードのつま先部分を使うステップの総称。 さまざまなバリエーションがあり、バレエのようにつま先を突いて踊る動きも含まれる。

「シャッセ」
同じカーブ上に左右の足を交互に置いて踏み変える。 すり足に似た足の動き。

「モホーク」
同じカーブ上で足を踏み変えて方向転換する。 エッジはインからイン、アウトからアウトに乗る。

「チョクトー」
足を踏み変えて前後で異なるカーブ上に乗る。 エッジはインからアウト、アウトからインに変更する。

「クロスロール」
右足のアウトエッジに乗り、左足をクロスして踏み変える。 左足をアウトエッジに乗り変え、右足をクロスして踏み変える。これを繰り返す。

「チェンジエッジによるカーブ」
エッジをイン・アウトに変えることによってカーブする。

おすすめの記事