「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュア・アクセルジャンプの歴史や得意な選手を紹介!

2017 7/12 14:39masumi
浅田真央
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Iurii Osadchi/Shutterstock.com

フィギュアスケートのジャンプは、プログラムで大きな見どころである。 中でもアクセルジャンプは他とは違う難しさがあり、競技会では勝敗のカギを握ることも多い重要な技だ。 ここではアクセルジャンプとはどんなものなのか。また歴史や高難度のアクセルジャンプを成功させた選手と共に紹介する。

アクセルジャンプとは?

ISU(国際スケート連盟)に規定されているジャンプには、回転ごとに6つの種類がある。着地の仕方はどのジャンプもすべて後ろ向きで、踏み切り時の違いによって区別されている。
アクセルジャンプの大きな特徴は、踏み切りが唯一前向きであることだ。着地が後ろ向きであるのは変わらないため、後ろ向きで踏み切る他のジャンプと比べ、0.5回転分多く回ることになる。このことから、日本では整数回転のジャンプと区別して「〇回転半ジャンプ」とも呼ばれている。
アクセルジャンプはトウピック(つま先部分)を使わないエッジジャンプで、踏み切り時のエッジはアウトサイドだ。
なお、半回転のみの場合はスリージャンプ、またはワルツジャンプと呼ばれ、競技会では採点対象になっていない。

アクセルジャンプの難易度

フィギュアスケートの6種類あるジャンプの中で、アクセルジャンプの難易度は最高位に設定されている。
難易度が高い理由として、アクセルジャンプは前向きに踏み切って後ろ向きに着氷するため、回転数が他のジャンプより0.5回転多いことが挙げられる。また、踏み切りが唯一前向きであるため、タイミングとバランスのとり方が難しいと言われている。
3回転ジャンプでの基礎点を比べてみると、フリップは5.3、その次のルッツは6.0とその差が1.3であるのに対し、その上のアクセルでは8.5と大きく跳ね上がっている。GOE(出来栄えによる加減点)の幅もほかの5種類のジャンプより大きく、得点の設定からもアクセルジャンプの難しさがうかがえる。

おすすめの記事