「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュアのルッツジャンプの解説と4回転ルッツを成功させた選手

2017 7/12 14:39masumi
ブランドン・ムロズ選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by testing/Shutterstock.com

フィギュアスケートの試合で、ジャンプは勝敗を分ける大きなポイントだ。 ジャンプには複数の種類があるが、見分け方がよく分からない人もいるのではないだろうか。 ここでは「ルッツジャンプ」の特徴や難易度などを解説すると共に、高難度のルッツジャンプを成功させた選手をまとめる。

ルッツジャンプとは?

フィギュアスケートのジャンプは、大きくトウジャンプとエッジジャンプに区分される。これは踏み切りの時にトウピック(つま先部分)を使うか使わないかの違いだ。
そのほか、助走から踏み切りの時のエッジがインサイドかアウトサイドか、ジャンプへの入り方が後ろ向きか前向きかなど、さまざまな違いによってジャンプの種類が決まる。
ルッツジャンプはトウジャンプで、使うエッジはアウトサイドだ。ジャンプへは後ろ向きで滑走し、片足のトウピックでリンクを蹴ると同時に、もう一方のエッジでも踏み切る。
また、ルッツジャンプは踏み切った後に助走とは逆方向(カウンター方向)に跳ぶ「カウンタージャンプ」だ。

ルッツジャンプの難易度は?

フィギュアスケートには6種類のジャンプがあり、その中でルッツジャンプは2番目に高難度だ。最高難度のアクセルでは回転数が0.5回転増えるので、整数回転であるジャンプだけを見ると難易度は最高位になる。
6種類のジャンプの中で、ルッツジャンプは唯一助走で描いたカーブと逆方向に回転する「カウンタージャンプ」だ。時計回りに滑走した場合では、踏み切った後は反時計回りに回転する。
ほかのジャンプのように滑走の力を回転にいかすことができないため、ルッツジャンプの難度は上位に位置付けられているのだ。

おすすめの記事