「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュアのフリップジャンプとは?4回転フリップを跳べる選手も紹介

2017 7/12 14:39masumi
宇野昌磨選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Olga Besnard/Shutterstock.com

フィギュアスケートの見どころであるジャンプには複数の種類がある。 ここではその中の「フリップジャンプ」に焦点を当て、フリップジャンプの基礎知識や、試合で高難度のフリップジャンプを成功させた選手を紹介する。

フリップジャンプとは?

フィギュアスケートのジャンプには6つの種類がある。 この違いは踏み切りの仕方によるもので、まずはトウピック(つま先部分)を使って踏み切るトウジャンプと、トウピックを使わずエッジで踏み切るエッジジャンプに大きく分けられる。ほかには、助走時のエッジがインサイドかアウトサイドか、踏み切りが着地と同じ足か逆の足かなどによって区別されている。
フリップジャンプはトウジャンプで、助走で乗るエッジはインサイドだ。後向きに片足で滑走してジャンプに向かい、もう一方の足のトウピックでリンクを蹴り、両足で踏み切って空中に飛び上がる。
フリップジャンプはトウ・サルコウとも呼ばれており、エッジジャンプであるサルコウジャンプにトウを付けた跳び方だ。

フリップジャンプの見分け方と注意点は?

フリップジャンプの名前は「反転する」という意味がある英単語「Flip」に由来する。
後ろ向きで踏み切るフリップジャンプだが、多くの場合はまず前向きで助走し、ジャンプに入る直前に向きを後ろに変えている。フリップジャンプと見分けがつきづらいルッツジャンプは、助走が後ろ向きで反転しないので、踏み切り前の動作に注目すると区別がしやすくなる。
フリップジャンプを跳ぶときには、トウピックでリンクを蹴る一方、インサイドエッジで踏み切らなくてはいけない。エッジ判定には基準があり、正確なエッジでない場合にはGOE(出来栄え点)で減点される。
アウトサイドエッジで踏み切るルッツジャンプと明確に跳び分ける、エッジの正確さが必要とされるのだ。

おすすめの記事