「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ハの字の形で論争も。サルコウジャンプがきれいなフィギュア選手は?

2017 7/12 14:39まりも
エフゲニー・プルシェンコ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Elena Vasileva/Shutterstock.com

安藤美姫さんが4回転を成功させたことで一気に有名になったサルコウジャンプ。 難易度としては下から2番目といわれるが、跳び方の形から論争になったり、男子の4回転にサルコウジャンプが増えてきたりと、注目度が高いジャンプといえる。 そんなサルコウジャンプに注目してみた。

サルコウジャンプとは?

フィギュアスケートのジャンプの中で、トウループに次いで2番目に簡単といわれるジャンプだ。右足を大きく前に振り上げるような形で踏み切るため、その時点でほぼ半回転している状態になる。安藤美姫さんが女子シングルで初めて4回転を跳んだジャンプとして一躍有名になった。
1909年にウルリッヒ・サルコウさんが1回転サルコウを跳んだのが始まりとされ、1920年には女子選手として初めてテレサ・ウェルドさんが成功している。

エフゲニー・プルシェンコの綺麗なサルコウ

エフゲニー・プルシェンコさんは、新・旧両方の採点でオリンピックメダルを手に入れた、唯一の男子フィギュアスケート選手だ。軸がぶれても空中で立て直して着氷するという驚異的な選手でもある。練習では5種類の4回転ジャンプを早々に成功させてはいたものの、4回転トウループの出来が良く、高評価を安定して得られたため、他の4回転ジャンプをあまり組み込まないことが多い。
トリプルサルコウが苦手といわれているが、踏み切るのが得意ではないだけで、綺麗な回転をみせてくれる。年々少なくなっている綺麗なハの字を描くサルコウを跳んでいる。

おすすめの記事