「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

真央?羽生?最高のシットスピンを持ってるフィギュア選手って誰?

2017 7/12 14:39くらげ
羽生結弦選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Olga Besnard/Shutterstock.com

フィギュアスケーターの中で魅力的なシットスピンを持っている選手をまとめた。ジャンプが得意なあの選手はスピンも得意なのか、スピン職人といえる選手はいるのかなど、様々な角度から最高のシットスピンにせまる。

フィギュアスケートにおけるシットスピンとは

シットスピン(Sit Spin)は片足でしゃがんだ状態のまま回転するスピンだ。フリーレッグ(スケート靴の歯が氷から離れている方の足)は前にまっすぐ伸ばす。
スケーティングレッグ(スケート靴の刃が氷の上に接している方の足)の膝が臀部より下に下がっている場合は、シットスピンとして認められない。 プロトコル(採点詳細)では略してSSpと表示される。 シットスピンにバリエーションを加えるとより高難易度のスピンになる。

キャノンボールスピンのポジショニングがうまい、織田信成選手

シットスピンの基本姿勢から、フリーレッグをスケートリンクに水平になるようまっすぐ前に出し、フリーレッグの膝に頭をつけると、キャノンボールスピンと呼ばれる。
キャノン(=大砲)ボール(=弾)という意味で、砲弾のように見えることから命名されたそうだ。
織田信成選手はフィギュアファンの間でキャノンボールスピン中の姿勢(ポジショニング)がきれいだといわれている。基本のシットスピンがとても安定しているから高難易度の技も得意なのだ。

おすすめの記事