「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュア四大陸選手権で活躍した歴代メダリスト女子選手5選

2017 7/10 10:01まりも
アシュリー・ワグナー選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Olga Besnard/Shutterstock.com

1999年に始まった四大陸選手権。まだまだ歴史の浅い大会ではあるものの、その中でも熱い演技は多く見られます。数多くの若手有望選手が台頭し、移り変わっていく中で、四大陸選手権での記憶に残る演技者5選を紹介します。

日本女子フィギュア界の新星・三原舞依選手

三原舞依選手は、兵庫県出身のフィギュアスケート選手です。
2015年に難病指定となっている若年性突発関節炎(若年性リウマチ)にかかり、関節炎の痛みで一時は普通に動くこともできない状態になりました。そんな中でも筋力トレーニングを続け、痛みと向き合いコントロールしながら、第一線へと舞い戻ります。
2016-2017シーズンの四大陸選手権でSPでは4位だったものの、FSで高得点となり、逆転での国際大会初優勝を飾りました。

安定した演技のミス・パーフェクト宮原知子選手

宮原知子選手は、京都府出身のフィギュアスケート選手です。
シニアデビューした2013-2014シーズンの四大陸選手権でパーソナルベストを取り、シニア初の表彰台で2位となりました。翌シーズンの四大陸選手権では、SPでパーソナルベストを更新するも、FSのジャンプミスにより得点が伸びず、同じく2位となります。
2015-2016シーズンの3年連続出場となった四大陸選手権で、SP・FSともにパーソナルベストを獲得し、シニアの主要国際大会での初優勝を遂げました。

おすすめの記事