「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュア四大陸選手権男子選手歴代メダリストで注目選手はこの人!

2017 7/10 10:01まりも
パトリック・チャン選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Iurii Osadchi/Shutterstock.com

四大陸フィギュアスケート選手権で活躍した歴代の男子メダリストの中でも、特に注目したい5名を紹介しています。それぞれの個性の違いや演目での熱量などをぜひ感じてください。まだ歴史の浅い四大陸選手権だからこその独特の熱さがそこにはあります。

4種の4回転ジャンプ。新星ネイサン・チェン選手

ネイサン・チェン選手は、アメリカ合衆国出身のフィギュアスケーター。
2015-2016シーズンのジュニアGPファイナルで優勝すると、翌年はシニアデビューながら4種類の4回転ジャンプ(トウループ、サルコウ、フリップ、ルッツ)を跳んでみせ、2016-2017シーズンGPファイナルで銀メダルを獲得しました。
そしてこのシーズンの四大陸選手権では、4回転ジャンプ5回を組み込む超難度のプログラムで挑み、すべてに成功して優勝を飾りました。ISU公式大会で5回の4回転ジャンプに成功したのは史上初の快挙で、4回転ジャンプありきの男子シングルに、新たな波乱を巻き起こすこととなるだろう注目の選手です。

復帰後も圧巻の演技。スピード感が魅力のパトリック・チャン選手

パトリック・チャン選手は、カナダのフィギュアスケート選手です。
2008-2009シーズンのGPシリーズで2戦とも優勝し、続くカナダ選手権・四大陸選手権も優勝を遂げました。2011-2012シーズンは、国別対抗戦での2位以外は四大陸選手権を含む出場した試合すべてで優勝を遂げ、カナダ選手権では参考記録ではありましたが総合得点で300点の大台突破をしてみせました。2014-2015シーズンは休養。
復帰した2015-2016シーズンは開幕当初は調子が上がらず、四大陸選手権でもSP5位と出遅れましたが、FSで完璧な演技を披露。直前に4度の4回転ジャンプを成功させた金博洋選手を逆転し、見事男子シングル初の3度目の優勝を飾りました。

おすすめの記事