「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ファンならチェックしたい!フィギュアスケートの聖地ってどこ?

2017 4/25 12:52茶色野うさぎ
フィギュアスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

羽生結弦選手のファンが訪れる聖地①

2015年11月のNHK杯で合計点322.40点をたたき出し歴代最高点を更新、その2週間後のGPファイナルではさらに完ぺきな演技で合計点330.43点とみずからの世界記録を更新して見せた羽生選手。
この時のフリープログラムのテーマが「陰陽師・安倍晴明」でした。楽曲は映画「陰陽師」より「SEIMEI」を使用、陰陽師の世界観を羽生結弦選手が演じるとこうなる!という圧巻の演技となりました。
初披露された2015年から羽生選手のファンの間では羽生選手の必勝祈願として、安倍晴明を祭る京都市の「晴明神社」を参拝する人が急増したそうです。無病息災のご利益がありパワースポットとして人気の「晴明神社」は、羽生選手ファンにとっては新しい聖地となっているようです。

羽生結弦選手のファンが訪れる聖地②

2011年の東日本大震災で被災し避難所生活も経験した羽生選手ですが、その当時、あるファンからの贈り物に勇気を与えてもらいます。その贈り物というのが「弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)」のお守りでした。
この神社は兵庫県神戸市にある神社で名前が羽生選手と似ているということで話題に。実際はヤタガラスをシンボルとして、開運、勝負運向上などのご利益があり、スポーツ選手で参拝する人も多いという大変ありがたい神社です。
羽生選手本人も2011年と2015年に2回参拝して、絵馬を奉納しています。本人直筆の絵馬や多くのファンの絵馬を実際に見ることができるので、まだ行ってないファンの方はぜひ足を運んでみてください。

日本フィギュア界の新しい聖地候補

最後にこれから新しく聖地となっていきそうな場所を一つ紹介したいと思います。
それが2006年に誕生した「たかつきアイスアリーナ」です。大阪府高槻市にあるこのリンクは関西大学の高槻キャンパスに創立120周年を記念して建てられた通年型のスケートリンクで、大学の施設としては最高レベルの素晴らしい施設です。
関西でスケートリンクの閉鎖も多くなってきた中で、この施設は練習環境を求める有望な選手たちに十分な練習環境を与える場所として注目されています。実際、全日本選手権3連覇の宮原知子選手はこのリンクで練習していましたし、本田真凛選手、紀平梨花選手などの新しい世代の選手たちがここを拠点として練習しています。
リンクは高槻市民に向けて開放される日もあるので、ご近所の方は公式サイトでチェックしましょう。

まとめ

日本のフィギュア界で聖地と呼ばれるような場所を5つ紹介しました。ファンの熱狂度という点で羽生選手ゆかりの地がやはり多くの注目を集めていますが、新しい歴史を作り出す選手たちも続々と育ってきています。お気に入りの選手ゆかりの場所をどんどん聖地化していきましょう!

おすすめの記事