「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スケートを気軽に楽しみたい方は要チェック!都内のスケートリンク5選

2017 4/25 12:52茶色野うさぎ
フィギュアスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pavel Ilyukhin/Shutterstock.com

フィギュアスケート熱は年々高まる一方ですが、見ているだけではなく実際に滑ってみたいと感じている人も多いのではないでしょうか?今回はそんな人のために東京都内で気軽に楽しめるスケートリンクを5つ紹介します。

明治神宮外苑にあるアクセス抜群のスケートリンク

始めに紹介するのは新宿区にある「明治神宮外苑アイススケート場」です。
日本文化発展の拠点として整備された明治神宮外苑にはさまざまなスポーツ施設が並んでいますが、その一角に年間営業のアイススケート場が開設されています。都営大江戸線国立競技場駅から徒歩1分、JR信濃町駅、千駄ヶ谷駅からは徒歩5分と抜群の立地にあるほか、駐車場もあり車で通うことも可能です。
初心者の方はレンタルシューズで楽しむこともできますし、併設されているショップでフィギュア、ホッケー関連のアイテムを購入することもできます。フィギュアのスクールも充実していて、細かくレベル分けされたクラスや個人レッスンを日本トップクラスの指導者から受けることも可能です。

リーズナブルに楽しむなら区営のスケートリンクがおすすめ

次に紹介するのは江戸川区にある「江戸川区スポーツランド」にあるスケートリンクです。
江戸川区によって管理されるこちらのリンクでは、フィギュア、ホッケー、スピードスケート、カーリングと氷上の競技が一通り楽しめ、区営のため比較的料金が安いのが特徴になっています。
アクセスはJR小岩駅、新小岩駅、都営新宿線篠崎駅からバスで「江戸川スポーツランド行」に乗れば行くことができます。その他にも大型駐車場があるので車でも行けますが、土日は混雑が予想されるので公共の交通機関が推奨されています。
レベルに応じたフィギュアの教室が用意されているほか、ホッケー、スピードなど専門的な練習のための時間も割り当てられているので、目的に応じて選ぶことができます。営業期間は10月1日から翌年の5月31日までとなっています。

本格的なボウリングも楽しめるスケートリンク

JR高田馬場駅から徒歩7分ほどで行くことができるのが「シチズンプラザ」です。
こちらの施設ではさまざまなカルチャー教室が開設されているほか、レーン数40という都内でも有数のボウリング場と年間営業の本格的なスケートリンクが併設されている複合施設となっています。
高田馬場駅から近いだけでなく大型駐車場も完備してある大きな施設で、スケートを楽しんでから暖かいボウリング場でのんびりなど、休日1日をこの施設で過ごすこともできるため人気スポットの一つになっています。
本格的にやりたい方にはフィギュアスケート、ボウリングともにハイレベルな指導者によるレッスンを受講できるようになっています。個人レッスンもありますが、人気が高く、非常に予約が取りずらくなっているので要確認です。

東京西部でスケートを楽しむならこのスケートリンク

多摩湖の近く、東大和市にある「東大和スケートセンター」は、東京の西部に位置する本格的なスケートリンクです。アイスホッケーの試合も開催される競技場として利用されることもあり、関東周辺のアイスホッケー愛好家もよく利用するリンクになっています。
立地は西武拝島線の東大和駅の目の前とアクセス良好。複合アミューズメント施設であるBIG BOX東大和の一角にあるため、周辺ではテニス、ボウリング、カラオケなどの娯楽やさまざまな飲食店が楽しめるようになっています。
各レベルに応じたフィギュアスケートの教室のほか、子供向けのアイスホッケーチームも活動しているので興味のある方はぜひ見学、体験をしてみてください。

カップルや家族で楽しめる屋外スケートリンク

最後に紹介するのは「としまえん屋外スケートリンク」です。「水と緑の遊園地としまえん」内に作られていて、休日のレジャーにはもってこいのスケートリンクです。
屋外スケートリンクのため、営業期間は12月10日から翌年の2月27日までと短期間になってしまいますが、デートやレジャーで屋外スケートリンクの雰囲気を楽しみたいという人たちにとっては人気のスポットです。
アクセスは西武池袋線、都営大江戸線、西武有楽町線の豊島園駅から徒歩ですぐの場所にあり、もちろん大型駐車場も完備してあります。スケートリンクは滑走料を一度払えば当日は再入場自由となりますので、何回でも滑りたがるお子様がいても安心です。

まとめ

気軽にスケートを楽しみたい方のために、都内ですぐに行けるスケートリンクを5つピックアップしてみました。都内でも年間を通してスケートを楽しめる環境は整っているんですね。各リンクでは危険防止のためにいろいろなルールがありますので、ルールを守って快適なスケートライフをお楽しみください。

関連記事

おすすめの記事