「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュアスケート界で起きた奇跡的な出来事5選

2017 4/25 21:52茶色野うさぎ
フィギュアスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by vlad09/Shutterstock.com

フィギュアスケートは技術だけでなく、芸術点や感情表現なども評価される難しい競技だ。そんな難しい競技に挑む才能豊かな選手たちが起こしてきた奇跡のような出来事を5つピックアップして紹介していく。

肩を脱臼しても続けた奇跡の演技

2006年のトリノ五輪で見事金メダルに輝いた荒川静香さん。そこから遡(さかのぼ)ること3年、2003年の世界選手権でその出来事はおこった。ショートプログラムの演技で最後のスピンに入る直前、何気ないスケーティングで荒川さんは転倒してしまう。
前の選手の演技時にできていた溝に、スケートの刃が引っかかってしまったのだが、このとき肩を脱臼してしましまう。しかし、印象が悪くなると考えた荒川さんは、立ち上がるとすぐにスピンにはいり、回転の遠心力で肩を外してはめ直すという荒ワザで立て直し、最後まで演じ切ってしまうのだ。
翌日のフリーも滑り切り、見事8位入賞を果たしている。

奇跡のような天才少女あらわる

天才少女としてフィギュアスケートの表舞台に登場した浅田真央さんは、まさに奇跡のような存在だった。
小学6年生で特例によりシニアの全日本選手権に出場すると大人でもできないようなジャンプのコンビネーションを見せて、7位入賞を果たす。14歳で出場したシニアの全日本選手権で安藤美姫さんに次ぐ2位に入ると、15歳で迎えた2005年シーズンでGPシリーズ中国杯で2位に入り、その年のGPファイナルに初出場初優勝という快挙を成し遂げる。
2006年トリノ五輪出場を期待する声も高まるが、年齢が87日足りずに出場権を与えられないというドラマも生まれた。

おすすめの記事