「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュアスケートを題材にしたおすすめのアニメ・漫画5選

2017 4/25 12:52茶色野うさぎ
フィギュアスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pakmor/Shutterstock.com

スター選手が活躍して盛り上がりを見せるフィギュアスケートですが、そんなフィギュアスケートを題材にしたアニメや漫画も多数あります。ここでは、その中でもおすすめの作品を5つ紹介します。

2016年放送のテレビアニメ「ユーリ on ICE」

久保ミツロウ先生、山本沙代先生による原案で作成されたフィギュアスケートのアニメが「ユーリ on ICE」です。
2016年10月から12月までテレビ朝日系列で放送されました。実力はあるがメンタルが弱い主人公・勝生勇利。大会で失敗して落ち込みますが、プライベートで気楽に演じた動画がネット上に公開され、世界的トップ選手であるヴィクトル・ニキフォロフの目にとまりコーチを申し出てくるところから物語は始まります。
この後の展開が気になりますね!BD、DVDは2016年12月から2話ごとに順次発売されていくので要チェックです。

フィギュアを題材とした王道の少女漫画「モーメント」

バレエやフィギュアスケートを題材として少女漫画を描いてきた第一人者である植村さとる先生による最新のフィギュア漫画がこちらの「モーメント」です。集英社のココハナという月刊の少女漫画雑誌に連載されていて、2017年1月現在でコミックス第5巻まで発売されています。
主人公はソチオリンピックでの活躍を約束された天才少女・北原雪。ストーリーは主人公と彼女を見守る二人の男性を軸に、10歳で出会った彼らの人間ドラマが描かれていきます。きれいな絵とストーリー構成に引き込まれるファン多数です。

男子フィギュアのドラマを描く少女漫画「銀盤騎士」

小川彌生先生による男子フィギュアをテーマに描く人気の少女漫画が「銀盤騎士」です。講談社のKissという月刊の女性向け雑誌で連載されていて、2017年1月現在でコミックス第9巻まで発売されています。
主人公は身長146㎝で福島県出身の猪狩千登勢という女の子ですが、彼女には同じ福島出身で179㎝のイケメンフィギュア選手・雉子波心(きじなみ こころ)という幼馴染がいます。
雉子波はイケメンのわりになまりが抜けず、メンタルも激弱なのですが、主人公に魔法の言葉をかけてもらうと4回転を成功できると思い込んでいます。そのため試合のたびに付き合わされることになるのですが、この後の展開はどうなるのか?

フィギュアネタてんこ盛り漫画「フィギュアおばかさん」

テレビネタ、ドラマネタ、サッカーネタなどさまざまな情報に精通する大人気のカトリーヌあやこ先生がおくるフィギュアネタ盛りだくさんの漫画がこちらの「フィギュアおばかさん」です。
世界的なフィギュアスケート選手(おもにジョニーウィアー)からアイスダンス、プロからアマチュアまで、さまざまなフィギュアスケートにまつわる面白ネタがかわいらしい漫画で表現されています。内容はとにかく読んでいただくしかありません。フィギュア好きならば必携の漫画といえるでしょう。

少年漫画的フィギュアスケートの世界「ブリザードアクセル」

最後に紹介するのは「七つの大罪」を描いた鈴木央先生が2005年から2007年にかけて週刊少年サンデーで連載した少年漫画色の強い「ブリザードアクセル」です。
目立つことが生きがいの主人公・北里吹雪(中1)は親にも無視され荒れた生活をしていました。そんな中、偶然フィギュアスケートを滑ることになり、いきなり4回転半のジャンプに成功!すさまじい身体能力で成長しながら、世界の舞台に挑んでいくという冒険活劇っぽいフィギュアスケート漫画です。
フィギュアの採点や技術についての解説が充実しており、初心者の入門としての評価も非常に高い作品です。

まとめ

フィギュアスケートをテーマにしたアニメ、漫画作品をピックアップして紹介してみました。少女漫画の王道的なものから、面白小ネタが詰まったもの、少年漫画風の作品までバラエティに富んだ内容になっています。どれもとても面白そうですね!

関連記事

おすすめの記事