「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

羽生結弦選手の戦績とフィギュア四大陸選手権2017ハイライト

2017 4/20 11:07masumi
フィギュアスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Iurii Osadchi/Shutterstock.com

フィギュア四大陸選手権2017には、病気休養明けの羽生結弦選手が出場した。 この大会は1年後に開催される平昌オリンピックと同じ会場で行われ、五輪プレ大会としても注目されていた。 ここでは羽生選手の戦績をジュニア時代まで遡り、復帰戦となった今大会のハイライトと共に紹介していく。

スケートとの出会い

羽生結弦選手は、1994年に宮城県仙台市で生まれた。東北高校を卒業した後、2013年に早稲田大学の通信教育課程に進み、同年にANA(全日本空輸)の所属となった。
羽生選手がスケートを始めたのは4歳の時で、姉が通っていたスケート教室について行ったことがきっかけだった。スケートを始めるにあたっては、2歳からの持病だった喘息を克服することも目的となっていた。スケート教室が屋内リンクで行われていたことから、埃を吸い込む可能性の低さも考慮された。
フィギュアスケートを始めた羽生選手は、何度転んでも起き上がり、技にも果敢に挑戦していった。 喘息は克服には至っておらず、現在も治療やケアをしながら、日々の厳しいトレーニングや試合に臨んでいる。

ジュニア時代からの輝かしい戦績

2008年、羽生選手は全日本ジュニア選手権で初優勝を飾る。 2009年にはジュニアグランプリシリーズで史上最年少優勝に輝き、全日本ジュニア選手権を2連覇、世界ジュニア選手権でも優勝を果たす。
2011年、東日本大震災発生。被災した羽生選手は競技続行に疑問を抱いていたが、さまざまな思いを越えて復帰に至り、各地を転々としながら練習を続けた。同年9月にはネーベルホルン杯で国際大会初優勝を果たす。
2012年には全日本選手権で初優勝、2013年にはグランプリ(以下GP)ファイナルで初優勝し、全日本選手権では2連覇を達成した。 ソチオリンピックではショートプログラムで史上初の100点超えを記録し、アジア人初となる金メダルを獲得する。
翌月には世界選手権でも優勝し、GPファイナル・オリンピック・世界選手権の3冠を制覇した。

おすすめの記事