「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュア四大陸選手権2017で活躍した長洲未来選手を紹介

2017 4/20 11:07masumi
フィギュアスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Aija Lehtonen/Shutterstock.com

2017年2月に韓国で開催された四大陸選手権・女子シングルには、日本でも人気の高い長洲未来選手が出場しました。 ここでは長洲未来選手の生い立ちやジュニア時代からの戦績もたどりながら、四大陸選手権2017における長洲選手の演技内容や結果をまとめます。

長洲選手とスケートとの出会い

長洲未来選手は、カリフォルニア州出身のアメリカのフィギュアスケート選手です。アメリカに住む日本人の両親のもとに生まれた日系一世で、漢字表記の名前のほかに「Mirai Aileen Nagasu」という英語名があります。
アメリカ人として育った長洲選手ですが、インタビューの際に日本語で一生懸命受け答えする姿もたびたび報じられ、スケーティングの魅力はもちろん、親しみやすい人柄でも人気を集めています。
長洲選手は5歳からスケートを始めており、そのきっかけは、「悪天候でゴルフに行けず、代わりに出かけたのがスケートリンクだった」というものでした。この天候変化をきっかけとして、長洲選手の才能の芽はこの後ぐんぐんと伸びてゆくのです。

花開いたジュニア時代

長洲選手の上達は目覚ましく、2002年には早くも全米選手権の予選に出場し始めます。 2006-2007シーズンには、同大会のジュニアクラスにおいて、初の本選進出で優勝という快挙を成し遂げました。同シーズンには世界ジュニア選手権にも出場し、初めての国際大会で銀メダルを獲得しています。
世界へと舞台を広げた長洲選手は、翌2007-2008シーズンにはジュニアグランプリシリーズに参戦します。連戦となるこの大会では、レイクプラシッドとクロアチア杯の2大会を優勝で勝ち上がり、進んだファイナルを優勝で飾りました。
このシーズンにはシニアクラスで出場した全米選手権でも金メダルを獲得し、史上2番目に若い14歳9ヶ月での優勝が大きな話題となりました。

おすすめの記事