「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

三原舞依選手~四大陸選手権2017で優勝したフィギュア界の期待の星

2017 4/20 11:07茶色野うさぎ
フィギュアスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 sports.yahoo.co.jp

2017年2月に開催されたフィギュアスケートの四大陸選手権で優勝を飾った三原舞依選手は、フィギュア女子のニューヒロインとして注目を集めています。今回はそんな三原舞依選手が四大陸選手権優勝に至るまでの経緯、強さの理由などを解説していきます。

三原舞依選手について知ろう!

三原舞依選手は兵庫県神戸市の出身、1999年8月22日生まれで血液型はA型の女の子です。現在は兵庫県立芦屋高等学校在学中で、2017四大陸選手権は高校2年生で優勝という快挙になります。
身長は154㎝と小柄ではありますが、あこがれの選手は浅田真央選手ということもありジャンプが得意です。スピード感のあるスケーティング、ステップには定評があり、すでに高いレベルで評価されています。
まだ若いということもあり表現力などはこれから磨いていく段階ですが、それだけ伸びしろもあるため今後の成長に期待が高まっています。

難病と闘う三原舞依選手

三原舞依選手は中学生のころからすでに才能を発揮していて、中1で迎えた2012~2013シーズンに日本ノービスで3位、全日本ジュニアで8位という成績を収め、ルクセンブルクで開催されたプランタン杯のノービスクラスで優勝するなど、国際経験も積んでいきました。
高1で迎えた2015シーズンにはシニアクラスの大会にも出場し始めますが、12月のジュニアグランプリファイナル終了後に若年性リウマチを発症し、半年の間競技から離れることになります。全身の関節に痛みが生じるつらい病気ですが、これを克服。
2016年9月のネーベルホルン杯で優勝、10月のグランプリシリーズ・スケートアメリカで3位に入るという見事な復活を見せてくれました。

おすすめの記事