「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュアスケート四大陸選手権2017名場面&珍場面のまとめ

2017 4/12 12:06くらげ
フィギュアスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Olga Besnard / Shutterstock.com

2017年2月14~19日に韓国で開催されたフィギュアスケート四大陸選手権。 迫真の名場面と、思わず笑える珍場面を紹介します。

日本の高2女子が初出場&初優勝

フィギュア四大陸選手権2017、女子シングルで日本の三原舞依選手が優勝し、フィギュア界を驚かせました。絶対的エースの浅田真央選手が不在、四大陸選手権2016優勝の宮原知子選手が故障で代表離脱と、フィギュア女子日本代表の戦力不足が懸念される中での快挙でした。
三原選手は、本大会出場時は高校2年生、2015~16シーズンまでジュニアクラスに出場していた選手です。シニアクラス初挑戦の2016~17シーズン、四大陸選手権に初出場し、初優勝を飾りました。

男子シングルFS200点越え対決

フィギュア四大陸選手権2017、男子シングルのフリースケーティングで行われた優勝争いは、絶対王者の風格漂う羽生結弦選手と17歳の新星ネイサン・チェン選手、両者200点超えの大接戦でした。
先に演技を見せたのがショートプログラム3位で23番滑走の羽生選手。4回転ジャンプをはじめ完璧な演技に仕上げ、FS206.67点、トータル 303.71点マーク、ネイサン選手にプレッシャーを与えます。
24番滑走のネイサン選手はFS204.34点、トータル307.46点。トータルの得点差3.75の大接戦をネイサン選手が制しました。

おすすめの記事