「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平昌冬季五輪のプレ大会!フィギュアスケート四大陸選手権2017総評

2017 4/12 12:06くらげ
フィギュアスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by KoreaKHW/ Shutterstock.com

2017年2月14~19日に韓国(会場は2018年平昌冬季五輪と同じ江陵アイスアリーナ)で開催されたフィギュアスケート四大陸選手権と、グランプリファイナル2017の予想をご紹介します。

男子シングル総評 フィギュア四大陸選手権2017

男子シングルはSP(ショートプログラム)、FS(フリースケーティング)の両方をほぼパーフェクトで滑り切ったネイサン・チェン選手(アメリカ)が優勝しました。307.46点で自己最高点を更新、世界歴代3位の高得点です。
今大会時点で世界ランキング1位の羽生結弦選手(日本)は、SPでの失敗をFSの見事な演技で挽回して2位。3位はSPで自己最高点をマークした宇野昌磨選手(日本)でした。 4位はパトリック・チャン選手(カナダ)、5位はボーヤン・ジン選手(中国)。田中刑事選手(日本)は13位でした。

女子シングル総評 フィギュア四大陸選手権2017

女子シングルはSP4位の三原舞依選手(日本)が安定感あるノーミスのFSを魅せ、3人抜きで優勝と大逆転。200.85点で自己最高得点を大きく更新しました。
SPで3回転トゥループ+3回転トゥループの高いジャンプコンビネーションを成功したガブリエル・デールマン選手(カナダ)が2位。3位は長洲未来選手(アメリカ)、SP5位からFSの完璧な演技で得点を伸ばします。
4位はケイトリン・オズモンド選手(カナダ)、5位はチェ・ダビン選手(韓国)。樋口新葉選手(日本)は9位、本郷理華選手(日本)は10位でした。

おすすめの記事