「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プルシェンコと羽生の言葉から見える男子フィギュアの進化

2016 12/26 10:22きょういち
大学駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

さらなる高みを目指す羽生

 4連覇を達成した喜びよりも、彼のコメントとその表情から伝わる悔しさの方がはるかに印象に残ったファンも多かったのではないか。

 彼とは羽生結弦(ANA)。12月に行われたフィギュアスケートのグランプリファイナルで、男女を通じて初となる4連覇を達成した。2014年ソチ五輪で金メダルを獲得してからも羽生の勢いは衰えないが、4連覇を決めた後のコメントは、要約すれば「演技には満足していない」というものだった。

 フリーでは3種類の4回転ジャンプを用意していた。立ち上がりの4回転ループと4回転サルコーは成功させたものの、後半立ち上がりの4回転サルコーでは転倒。フリーの演技では3位だった。結果としては失敗に終わったかもしれないが、難易度の高い演技に挑まなければならない理由がある。

 今や、男子のフィギュアでは4回転を複数回跳ぶのは当たり前になっているからだ。

 グランプリファイナルで銅メダルを獲得した宇野昌麿(中京大)も複数回跳んでいる。フリーで1位になり、総合でも2位になった17歳のネーサン・チェン(米)は4回転ジャンプを4度跳んだ。

 4回転を複数回跳び、かつ、難易度の高い4回転を跳ぶ。そんな男子フィギュアの現状を見ると、かつてのスター選手のことを思い出す。2006年トリノ五輪金メダリストであり、世界選手権優勝3度、グランプリファイナル優勝4度を誇るエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)である。

おすすめの記事